開幕直前ワイド!プロ野球「黒いスタートダッシュ」 梨田前監督ダルビッシュ「恩師も無視した」ゴーマン対応!

アサ芸プラス / 2012年4月9日 10時59分

 「ギャラ200万でテレ朝の独占取材だけ受けた」
 まだ本領発揮とはいかないが、レンジャーズ・ダルビッシュ有(25)のメジャー公式戦デビューが刻々と近づいている。日本のファンの期待は高まる一方だが、現地ではなんと、マスコミ対応に大ブーイングが飛んでいたのである。


「ダル! ダル!」
 キャンプ地・アリゾナで練習に向かうダルに、親しげな声がかかった。
 ダルが声の方向に振り向くと、そこにはニコニコと笑顔を浮かべたNHK解説者・梨田昌孝氏(58)の姿があったのである。昨年まで日本ハムで監督を務めた梨田氏は、言わずと知れたダルの恩師だ。しかしダルは梨田氏に一瞥だけくれると立ち止まることもせずにその場を立ち去った。
「梨田氏は茫然としていましたね。盤石の関係でコメントを取ろうとしたら、赤っ恥をかかされたんですから。あとからなんと、本人ではなく日本ハムの先輩・建山義紀(36)が、梨田氏に謝りに行きました」(スポーツライター)
 とはいえ、ダルが報道陣に対して非協力的なのは終始一貫している。OB評論家といえど例外ではない。
 TBSの取材で訪れた槙原寛己氏(48)やNHKの与田剛氏(46)らに対しても同様だった。横並びで単独取材を受けないならば、各局も諦めがつくだろう。
 しかし、現地ジャーナリストが言う。
「テレビ朝日『報道ステーション』の取材で来ていた工藤公康氏(48)は、ダルに話しかけようとはしていなかった。そうした状況を知っていたから、と思っていたんですが‥‥」
 それがなんと、3月15日に「報ステ」でダルの単独インタビューが放送されたのだ。
「試合の中継権を持つNHKやフジを出し抜いてのインタビューだった。過去にも、新庄や松井稼頭央らがメジャーに渡った際には、単独インタビューのギャラは200万円と言われた。今回も最低で200万円。テレ朝が独占を実現するために、もっと払っていてもおかしくはない」(前出・現地ジャーナリスト)
 一説にテレ朝は工藤氏をインタビュアーとすることで交渉したが、さすがにダルサイドも、諸先輩を袖にして工藤氏だけを特別扱いすることは断ったという。
 一方で、番記者たちがダルに質問をぶつける唯一のチャンスである、登板後の記者会見の対応が変わってきたというのだ。「日本時代からダルは、記者の目を見なかったり、些末な質問に『ハァ?』と小バカにしたりと態度が悪かったんです。ところが、それがなくなってきた。ひとつには、米メディアに『相手打者への敬意が足りない』と叩かれたことがこたえたようです。また、本人は否定しますが、滑るボールへの対応がまだ遅れているようで、自信を失いつつあるのでは、とささやかれています」(前出・スポーツライター)
 案外、マスコミへのゴーマン対応が、ダルの好調さを示すバロメーターなのかもしれない。

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング