生活費300万は嘘!?大沢ケイミ、貧乏アピールで「炎上セレブ」キャラが崩壊

アサ芸プラス / 2015年11月20日 17時58分

写真

「結婚相手の年収は最低一億」「月の生活費は300万」「1人30万の焼肉を食べた」と、度重なる爆弾発言でバラエティ番組に引っ張りだことなり、芸能界では珍しい炎上系セレブ妻キャラとして活躍するモデルの大沢ケイミ。しかし、そんな彼女に最近異変が起きているという。

「セレブなイメージが素敵だったのに、昔住んでいた家は石造りで電気も通っておらず、お風呂は月1回だったなどと貧乏キャラアピールをし始めたんです。しかも、前は月の生活費300万と言っていたのに、ブログには自分の欲しいものは自分の給料で。貯金に目覚め節約中、良い奥さんになるために料理も勉強中と書いてあって、何がなんだが‥‥」(ファンの女性)

 こうした大沢の動きについて、テレビ局関係者が種明かしをした。

「以前、大沢と似た炎上セレブキャラとして父親がカジノを経営するソンミがデビューしましたが、話を盛りすぎたためか現在はテレビで見なくなった。炎上キャラは飽きられやすいので、今人気の貧乏アイドルに乗っかる形で大幅なキャラチェンジをはかっているのではないでしょうか。大沢のブログを見ると、番組でバトルを繰り広げたメークアップアーティストのピカ子やモデルの鈴木奈々とも仲良く交流していますから、テレビ用のキャラであることは間違いないでしょう」

 必死で編み出した“新キャラ”もいつまで続くのだろうか。

(佐藤ちひろ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング