1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

キャストの7割がホリプロ!板野友美の主演映画は壮大な「救済策」だった

アサ芸プラス / 2015年11月25日 9時59分

写真

 板野友美の初主演映画「のぞきめ」のキャストが発表された。板野の彼氏役を務める白石隼也は「仮面ライダーウィザード」の主役や映画の主演経験もある演技派のイケメン俳優だ。ストーリーのカギを握る老人にはベテランの吉田鋼太郎を起用し、ほかにも東ちづるなど実力派の演者をそろえることで、板野の演技をサポートする狙いが垣間見える。

 だが、これらキャストの顔ぶれからは、別の狙いも見えてくるという。芸能ライターが解説する。

「今回発表されたキャスト10人のうち、実に7人がホリプロもしくは関連会社の所属なんです。それもそのはずで、板野自身がホリプロ所属ですし、そもそも本作品自体がホリプロの制作。すなわちこの映画はホリプロによる壮大な、板野救済作品といえそうです」

 ホリプロは制作会社としても大手で、今季のドラマでは「サイレーン」(日本テレビ系)も同社が制作している。とはいえ、普段は自社タレントにこだわることはなく、「サイレーン」でもホリプロ所属の主要キャストは船越英一郎だけだ。それゆえ、今回の映画でのホリプロ無双があまりに目立つのである。芸能ライターが続ける。

「いまの板野はまさに“昔の名前で出ています”状態。公式サイトのスケジュールはスカスカですし、CDのリリースも今年は1枚だけ。中国映画『雨衣』にヒロイン役で出演したこともほとんど話題になっていません。たまにニュースに登場したかと思えば、インスタグラムに公開した写真が取り上げられる程度。そんな板野に活躍の場を与えるためには、所属事務所が総力を結集するしかないのかもしれません」

 一方で盟友の前田敦子は、映画「クロユリ団地」のヒットで女優としての地歩を固め、現在も映画やCMで活躍中。5年後輩の川栄李奈は卒業後に舞台「AZUMI 幕末編」で主演を務め、来季のNHK朝ドラ出演が決まっている。それゆえ、板野もこのへんで女優としての存在感を示しておきたいようだが、遅きに失したのではと前出の芸能ライターが指摘する。

「前田の場合、卒業から『クロユリ団地』公開までわずか9カ月と短く、世間にはAKB48のエースというイメージが強く残っていました。川栄に至っては卒業した翌月が主演舞台で、先を読んだ展開はお見事。それに対して板野はアーティスト路線を狙ったものの思うように人気が出ず、ようやく映画へと方針を転換。その2年間で迷走しているイメージがついてしまいました。これを払拭するにはよほどの大ヒットが必要でしょう」

 今回の映画のように万全なお膳立てができるなら、卒業直後にやっておけば良かったのでは。これぞまさに、後悔先に立たずだろう。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング