「全部観るのは苦行」の声も…「めちゃイケSP」大爆死で打ち切り待ったなし!

アサ芸プラス / 2015年12月10日 9時58分

写真

 12月5日に放送された「めちゃ×2イケてるッ!2時間SP」(フジテレビ系)の視聴率が7.5%だったことがわかった。今回のSPは視聴者からも評判が芳しくなかったという。

「今回の2時間SPは、予告などでAKB48高橋みなみの卒業旅行と宣伝されていたのですが、実際は放送の半分以上が総集編で、過去の映像を流していただけ。肝心の高橋とナイナイの旅企画も、SPなのに他のメンバーは一切登場せず、淡々とした安上がりな鎌倉ロケのみでした。そのためスタッフの番組に対するやる気がまったく感じられず、視聴率が低いのも納得の捨て回という印象を視聴者に与えました」(テレビ誌記者)

 今回の放送後、視聴者からは「SPとは名ばかりの単なる総集編だ。酷すぎる」「全部観るのが苦行だった」「スタッフはやる気あるの?」と不満の声が続出した。

「めちゃイケ」といえば来年で放送20周年を迎えるが、それを目前にして打ち切りの可能性が一部で囁かれているという。

「今年の『めちゃイケ』は、7月4日に放送された2時間SPも『ちびっこ超本気ダンス選手権』という企画を放送し6.3%という低視聴率を記録しています。この惨状には往年の『めちゃイケ』ファンからも『もう終わった方がいいかもしれない』と打ち切りを望む声が上がるほど。バラエティ番組は、通常放送よりも、SPで低視聴率を取った場合が打ち切り対象となりやすいですから、昨今、長寿番組を次々と打ち切っているフジテレビが、今度は『めちゃイケ』をあっさり終了させるのではないかと、一部の関係者の間で囁かれています」(前出・テレビ誌記者)

 フジテレビは先月、週間視聴率でテレビ東京に抜かれ、民放5位に転落した。看板番組すら視聴率が取れない今のフジに、今後打開する手立てはあるのだろうか。

(森嶋時生)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング