「たった1分もガマンできないの?」千原せいじの発言に視聴者ドン引き

アサ芸プラス / 2015年12月14日 9時58分

写真

 お笑い芸人の千原せいじが12月9日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)にて、視聴者をドン引きさせた。11時開店の店に1分早く到着した際、店外で待たされたことに憤慨し、「何の問題があるねん!」と詰め寄ったことを明かしたのである。しかも11時になって入店を勧められると、今度は「入るかぁ!」と吐き捨てたというのだ。その発言についてテレビ誌のライターが解説する。

「注目すべきは本人が堂々とこのエピソードを口にしたこと。つまり、せいじはこの話がウケると思っているわけです。しかし関西なら『そうやそうや!』と同調する人もいるでしょうが、東京では受け入れられません。関西のお笑い番組での出演も多いせいじには、東京流に合わせることはできないのでしょうね」

 そのせいじは、弟・千原ジュニアとのコンビ「千原兄弟」として、関西では大阪城ホールで単独ライブを開催するほどの絶大な人気を誇ってきた。一方で、東京進出に失敗したコンビというイメージが根強いのも事実。最近はジュニアが東京で活躍しているが、千原兄弟としての活動はほとんどない。テレビ誌のライターが続ける。

「ジュニアは千原兄弟でボケ担当だったこともあり、せいじほど当たりはキツくありません。しかも、せいじのことを『東京では他人』と呼ぶほどで、コンビでの活動にはまったくこだわっていませんね。兄とのコンビでは受けないことを理解しているのでしょう」

 そんな千原兄弟が東京進出に失敗した理由を示す格好のエピソードがある。ジュニアがバイク事故で生死の境をさまよったのち、復活を果たしたステージで、せいじがジュニアに蹴りを入れたというもの。元からのファンには大ウケだったが、その他の観客はドン引きしたのである。

「これぞまさに関西と東京におけるお笑いの違いですね。関西流に考えればせいじが蹴りを入れたのは正解であり、11時開店のエピソードもやはり正解なんです。もし、せいじが東京流に合わせたなら、彼の芸は終わりでしょう。番組でのドン引きこそ、せいじが望んだものかもしれません」(お笑い関係者)

 芸がウケなくても本望。お笑いの世界はなかなか深いもののようだ。

(金田麻有)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング