態度がデカい!?福山雅治「ラヴソング」ヒロインの言動に米倉涼子もドン引き

アサ芸プラス / 2016年4月5日 17時59分

写真

 4月4日に放送されたバラエティ番組「第25回草なぎ剛のがんばった大賞」に、フジテレビの月9ドラマ「ラヴソング」で共演する福山雅治と藤原さくらが出演した。藤原はこの日がテレビ初登場となる。

「藤原は昨年にメジャーデビューを果たした福岡出身のシンガーソングライターです。その後、約100名が参加したドラマオーディションに、演技未経験ながら合格し、月9ヒロインの座を射止めました」(芸能記者)

 テレビ初出演となった今回の生放送では、福山が過去に出演したテレビドラマのNGシーンを見た後、藤原と2人で曲の演奏を披露するという流れだった。

 しかし彼女の言動に対し、視聴者からは辛らつな意見が飛び交ったという。

「曲の演奏前、福山から紹介されると藤原は『(VTRの)ワイプめっちゃ興奮しました! ワイプ載ってた!』とはしゃぎ出し、その後も特に挨拶をすることもなく、足を組みながらの対応だったため、視聴者からは『なにこの子?』『謙虚さがない!』『新人なのに態度がデカすぎる』と厳しい意見が殺到しました。さらに彼女が話している間、スタジオにいる米倉涼子の引きつった顔が映るなど、番組は異様な雰囲気となったため、福山がすかさず『この通り、ほぼ一般の方に近いんですけども‥‥』とフォローを入れる事態となりました」(テレビ誌記者)

 彼女が足を組んでいたのは、持っていたギターを弾きやすくするためだったのかもしれない。しかし最初の印象が原因で、視聴者からは態度が悪いと受け止められてしまったようだ。

(森嶋時生)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング