松井秀喜「逆襲のフルスイング」(4)

アサ芸プラス / 2012年6月8日 10時59分

ちらついた「引退」の二文字

「浪人生活」が長くなるなるにつれ、周囲からは「引退」の噂もささやかれていく。

 巨人時代を知る日本の関係者から「引退」の二文字が口に出されたのは、この頃だった。その根拠は2010年1月1日付のスポーツ報知での“告白”だ。09年─10年オフといえば、松井はワールドシリーズMVPに輝いた。同紙は同年日本シリーズMVPの阿部慎之助との対談を企画し、松井は自身の引退について、こう答えていた。

「どこからも必要とされなければ、引退するしかない。引退は自分の基準ではない。いかに自分がチームの力になっているかどうかで判断する。俺がいて、ただ迷惑なだけとか、力になれないなと思われているのなら、もうやらないな。数字を残していても・・・」

 2年を経て、まさにその言葉どおりになったと、関係者のみならず周囲の誰もが判断したのだ。

 引退カウントダウン・・・。

「今もメジャーを目指すことに変わりはない」

 松井とのメールのやり取りを父・昌雄は、地元紙に明かした。それが松井が出した答えだった。もうこの時点では、故障者を抱えたメジャー球団しか入団の可能性は残されていなかったが、松井の闘争心はまだ消えていなかったのだ。

 その願いはレイズに届いた。レ軍のジョー・マドン監督は25人のベンチ入り要員を使いきるくらい、試合序盤から代打を使う戦術に長けている。過去4年のレギュラーシーズンで平均127通りの「日替わり打線」を編成してきただけに、松井はその勝負強さから「クラッチヒッター」(チャンスに強い打者)と称されてきた。指揮官からすれば「使ってみたい選手」のはずだ。

 さらに、このタイミングでメジャーに昇格すれば、松井にとって絶好のチャンスとも言える。松井はこうも称されている。「セカンドハーフ・ヒッター」

 つまり、後半戦に強い選手という意味だが、言い換えれば、「スロースターター」でもある。

 レイズは松井獲得後も補強を続けており、後半戦まで「スロースターター」の松井を待ってくれない可能性もゼロではない。

 4打数無安打に終わった22日の試合後、松井はティーやマシンでの打撃練習を行った。誰の指示でもない。巨人時代から変わらずこなしてきたルーティンである。

「打球が野手の正面を突いているだけ。悲観しなくても・・・」

 現地入りした日本人メディアからはそんな声も聞かれた。寡黙にバットを振るベテランの背中は、若い3Aの選手の胸にも響くものがあったはずだ。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング