1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

浜崎あゆみ エリカ主演「へルタースケルター」に出演直訴していた

アサ芸プラス / 2012年6月13日 11時0分

 沢尻エリカが全裸ヌードを披露した話題の映画「へルタースケルター」(アスミックエース)。実は、この作品の主役の座を狙っていたのは、彼女だけではなかったのである──。

「整形、風俗嬢という設定でも私がやる!」

 さる芸能関係者が声を潜めて言う。

「実はこの作品、当初は浜崎あゆみ(33)が主演をするはずだったんです。当然、ヌードや濡れ場も辞さぬ覚悟で、彼女の意欲はなみなみならぬものがあったんです」

 映画「ヘルタースケルター」といえば、風俗嬢だったヒロインが、全身整形で芸能界のトップタレントに上り詰め、しだいにプレッシャーや整形の後遺症で精神を病んでいくというストーリー。本誌既報どおり、激しいSEXシーンや、淫語も容赦なく飛び交っている。そんな役に日本を代表する歌姫の浜崎が手をあげていたとは意外だが・・・。

「企画が持ち上がった6、7年前、当初は『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督で映画化の話が進行。行定さんはヒロインとしてあゆの名前をあげていたんです。ところがその過激な設定に、人気絶頂だったあゆサイドがオファーを断った。その後、話がいったん白紙に戻り、蜷川実花監督で再び映画化が進められました」(大手配給会社関係者)

 蜷川監督に仕切り直しされた映画化の話が実現の方向に向かい、沢尻主演で話が進むと、再度、浜崎が主演に名乗りを上げてきたという。前出の芸能関係者はこう明かす。

「蜷川監督なら、自分のイメージどおり撮ってくれると思ったようで『私がやりたい』と所属事務所幹部に直訴したと聞きます。彼女は原作の大ファン。つまり、全裸セックス演技も覚悟していたということです。さらにはCDの売り上げがジリ貧ですから・・・。しかし、幹部たちから大反対された」

 やはり、裸にはさせたくはないということなのか。

 芸能関係者が続ける。

「いやいや、蜷川監督と衝突すると予測したからだそうですよ。あゆはプロ意識が高いので、やるのなら徹底的に演技指導をつけてもらいたいタイプ。しかし、蜷川監督は元来、カメラマン。いい被写体を持ってきて、ノー演出で撮るというスタイル。だから、あゆが『何か注文ないの?』と言いだしたら、ぶつかるのは明らかだということです」

 あゆのセックス演技も見たかった気がするが・・・。

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング