1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

歴代アイドル歌姫の「深刻闘病」現場(3) 華原朋美

アサ芸プラス / 2012年6月14日 11時0分

「朋ちゃん」の実母を直撃!

〈年内に日本に帰国して、ボイストレーニングやお芝居のおけいこなど、芸能界復帰に向けて頑張る事に決めました。チャンスに向かって頑張ります!!〉

 昨年10月30日、華原朋美(37)が実兄・下河原忠道氏のブログを借り、ファンへ向けた復帰へのメッセージである。華原によれば約1年間、フィリピンで働く父親のもとに身を寄せ、心身ともに環境を改善。復帰への道筋が見えてきたというのだ。

 思えば5年前、07年6月28日に「プロダクション尾木」から契約解除を公言され、以降も大量の睡眠薬服用などの薬物中毒疑惑がたびたび報道された。08年に小向美奈子が、09年に沢尻エリカが事務所から契約を解除されるようになったケースの、はからずも先鞭をつけた人物とも言える。

「朋ちゃんは医師から処方された精神安定剤を、その用量どおりには使わない。何軒もの病院を回っては薬をキープし、使わない日もあれば、一気に何倍も服用してみるような乱暴さだった」(ワイドショースタッフ)

 芸能界に居場所を失った07年以降、何度となく復帰の意欲を語った。実際、古巣のグラビア事務所と「出戻り」を画策したこともあったと、前出の石川レポーターは言う。

「旧知の社長と再契約寸前までいったけど、やはりご破算になった。それは、プロダクション尾木を辞めた経緯がクリアになっていないから。芸能界は所属した大手事務所との話がつかないうちは、簡単には復帰できない世界」

 フィリピンの父親のもとで1年を過ごしたのは、病気に関して、それだけ「保護者」が必要だったということ。日本を離れる直前の10年8月29日には、新宿・歌舞伎町でタクシーに乗り込んだが、意識がもうろうとなって救急車で搬送されたほどだ。

 そんな華原だが、兄のブログで復帰宣言をしてから半年、今なお明るいニュースは聞こえてこない。そもそも、実際に日本に滞在しているのだろうか? 母親である下河原朋子さんに聞いてみた。

「はい、日本に帰ってきて元気に過ごしていますよ」

 では、実兄のブログに書かれた復帰計画については、どうなのか?

「いえ、そのブログは見ていないので・・・。はい、復帰とかそういう件に関してはちょっと・・・」

 華原自身の無邪気な宣言ほどには、周りは同調しきれていない様子。再び、石川レポーターが言う。

「やっぱり難しいかなあ。精神的な不安定さから立ち直っていないかぎりは」

 抜群のプロポーションや人々を魅了する笑顔など、万全な状態であれば、潜在的なニーズは誰よりも高いのだが・・・。

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング