1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ

あぁ、阪神タイガース「大暗黒時代」がまたやってくる(3)

アサ芸プラス / 2012年6月28日 10時57分

「主力選手全員いなくなる」

 だが、阪神OBの解説者の江本孟紀氏は、チーム編成の課題が露出した結果ではないかと指摘する。

「和田監督にカリスマ性がないのは確かですが(笑)、それは最初からわかっていたこと。投手起用などは前監督に比べて利にかなっているし、采配自体に問題があるわけでもない。不振のクリーンアップ、マートン、ブラゼル、新井貴浩(35)といった主軸を思い切って外すことができないのは、代わりの選手がいないから。育成と補強がうまくいっていない証拠でしょう」

 中でも今季4番スタートだった新井は、「貧打の象徴」と言われるほど、その不振ぶりは深刻だ。5月には6番に降格。今も5番を任されつつも打率は2割2分7 厘( 6 月14日現在)と、全盛期とは程遠い。

 さらに現在のチーム状況を象徴しているのが、金本の怠慢プレーだ。

「右肩に爆弾を抱えた金本の存在が、過去最大級に問題化している。象徴的だったのは、5月31日のロッテ戦。レフトの定位置より何メートルも手前に打球が落ちたが、二塁ランナーが一気に生還して同点になった。普通ならアウトでしょ。ところが金本は投げようともしないで、ボールを持ったままショートの鳥谷に向かって走って行って渡した。そもそもロッテの三塁コーチが、打球が金本の前に飛んだ瞬間に手をぐるぐる回していた。金本の肩、緩慢な動きを全て見透かしていました」(前出・トラ番記者)

 まさに、ベテランから若手まで、チーム内は不穏な空気に包まれている。

「阪神は長らく、暗黒時代が続いてようやく一息ついたが、最近の雰囲気は、かつてのチームの嫌なムードを髣髴とさせますね」(ベテランスポーツ紙記者)

 首脳陣がおとなしく、次代を担う若手も育たず、補強も下手。これでは、今季の巻き返しはとてもおぼつかないだろう。それだけでなく、虎党が恐れる1990年代の大暗黒時代の再来もありうるのだ。その引き金になりそうなのが、投打で主将を務める鳥谷、藤川のFA流出危機だ。

「鳥谷に関しては、メジャーリーグのドジャースとパドレスが熱心に獲得を検討しています。鳥谷本人のメジャー志向も強い。昨オフ、球団が下交渉で提示した複数年契約を断ったのは、今オフのメジャー行きのためだと言われています。ここ数年、メジャー挑戦を直訴している藤川も、今年はメジャー仕様のカットボールやツーシームの習得に励んでいる。条件面で多少譲歩しても渡米に踏み切るでしょう」(前出・スポーツライター)

 思い起こせば90年代の低迷も、掛布雅之、岡田彰布ら大スターが去ったことが起因だった。今の阪神には、あの悪夢の再現がすぐそこまで迫っていると断言してもいいのかもしれない。

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング