フザけるな!「どじょう野郎」(5)

アサ芸プラス / 2012年7月17日 10時57分

厚遇を「当然」と言い切る傲慢

 現金以外にも議員を増長させているのが、超豪華な議員宿舎だ。前出・政治部デスクが語る。

「07年に建て替えた赤坂の衆院議員宿舎は3LDKで82平方メートルという広さですが、家賃はたったの8万4200円。周辺相場の5分の1以下で、300戸ほぼ全室が埋まっています。しかも、この4月から8000円値下げされた。理由は入居から5年たち、建物が劣化したからだと・・・・」

 およそ民間では考えられないフザけた論理が、永田町ではまかり通る。ちなみに麴町の参院議員宿舎は97年建設で2LDK、75平方メートル。家賃はこれまた破格の6万4966円である。

 森永氏は、この手厚すぎる福利厚生こそが全ての元凶だと主張する。

 「最初は普通の人でも、国会議員になり、いい生活をする中で、どんどん庶民感覚が薄れていくのだと思う。豪華宿舎に住み、豪華議員会館に出勤し、永田町界隈を中心に生活するうちに、ズレていくんですよ」

 国会議員の歳費に文書通信交通滞在費を加えた3300万円は、中堅企業社長の年収に匹敵するという。

「日本の国会議員の数は国民1人当たりで見ればアメリカの3倍、給料も先進国の中でトップクラスです。思い切って歳費を10分の1の330万円に下げ、文書通信費や新幹線のグリーン車パスもカットすべきです。そうすれば国会議員も庶民の痛みがわかるはずですよ」(森永氏)

 国会議員は国民の代表であることを今一度自覚すべきだが、それを履き違えている議員がいるのも現実。現在3期目の民主党議員は、永田町関係者に堂々とこう言い放っている。

「国会議員は国民から選ばれてるんだから、待遇がいいのは当たり前だ。宿舎が豪華なのも給料が高いのも当然だろう。俺たちはそういうポジションにいるんだから。うらやましいと思うんだったら、みんなも選挙に出て国会議員になればいいんじゃないか」

 あまりの傲慢さに、関係者は言葉を失ったという。

 もはや怒りを通り越してしまう犯罪的行状の数々。それでも国会議員は国民に負担を強いるのだ。

 森永氏は、現状での消費増税は百害あって一利なしと断じる。

「消費税は97年に5%に引き上げられました。その年の税収は54兆円。今年度予算は42兆円。つまり12兆も税収が減っているんです。たとえ消費税の税収は増えても、不景気になれば所得税や法人税はどんどん落ちる。単純に増税だけするのは、役人の利権の拡大にしかつながりません」

 そもそも野田総理は「税と社会保障の一体改革」を訴えたはずである。

「総理の言う7万円の年金最低保障を実現するには、消費税を17・5%まで引き上げないとダメなことがわかった。だから棚上げしたんですよ」(前出・デスク)

 国民は座して増税を待つばかり─いや、もう我慢の限界だ!

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング