高橋真麻 “イロモノ扱い”にブチ切れ上司に退社を直訴していた「ニュースが読めないなら芸人になります!」

アサ芸プラス / 2012年7月11日 11時0分

 宝塚を彷彿させる熱唱に、芸人並みの体当たりレポートで人気のフジテレビ・高橋真麻アナ(30)。振り切ったパフォーマンスの裏で、極秘退社騒動が発覚し、その去就に注目が集まっているのだ。

「持ち歌か、持ちギャグが欲しい‥‥」

 7月5日、フジテレビで行われた「お台場合衆国」の記者会見で、およそ女子アナらしからぬ願いを七夕の短冊に込めた高橋アナだが、あわや自主退社騒動があったというのだ。

 遡ること数カ月前、高橋アナと親しいフジテレビ局員の一人が証言する。

「以前から、仕事の上での悩みは尽きなかったようなんですが、ついに決心して局に退社を申し入れたというのです。『私はもう局を辞めてお笑いの道に行く』と決意は固かったので、本気なんだなと思いましたよ」

 高橋アナといえば、04年の入社直後こそ、俳優・高橋英樹の一人娘と鳴り物入りで注目を浴びたが、その後は、大きなレギュラーも入らず泣かず飛ばず。「局2階にある24時間レストランでよく見かけます。いつも一人寂しそうに食事していた」(局スタッフ)

 と、しばらくは仕事で憂き目を見ていたが、その後バラエティ番組への出演で突然変異。絶叫マシンで阿鼻叫喚、全身タイツ姿でイジられまくるなどの体当たりぶりが視聴者から大ウケ、昨年末には「好きな女子アナランキング」(オリコン)で8位と初のベスト10入りを果たした。

 しかし、その人気とは裏腹に、本人は悩みを募らせていたというのだ。

「出る番組はバラエティ番組ばかり。それも、お父さんが出る番組には必ず引っ張り出される。それに、普通の女子アナではないイロモノ扱いばかりで、スタッフからは必ず『もっとマーサっぽい感じで』と求められるのが嫌だったようです。本当はニュース原稿を読みたいようです」(前出・局員)

 内心ではかなりストレスがたまっていたというのだ。

 そこに渡りに船となったのが、局への出入りの多い吉本興業だった。

「なら、ウチに来まっか」

 と、話は一時トントン拍子で進んだという。

 フジテレビ幹部が言う。

「真麻アナの申し入れに対し、局側は『お父さんには相談したの?』とやんわり釘を刺したそうです。ちなみに、父・英樹さんは娘の入社式に出席し、スピーチをする親バカぶりを発揮しています」

 そのかいあったか、4月からは情報番組「知りたがり!」のレギュラーに起用され、出演する「TVまぁさぐり」のコーナーでは、父・英樹の勇ましい掛け声が娘を後押しするのだ。

 別のフジテレビスタッフは言う。

「去年の夏のお台場イベントでは『マーサの朝唄』と題し、毎日楽しそうに歌っていた。でも、アヤパンのように独立してフリーアナとして成功する力量はまだないですよ」

 ちなみに、今年のイベントでも、平日の夕方は自前衣装で連日ステージに立つという真麻アナ。もはや芸人以上の心意気!?

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング