落合博満が「猛毒講演会」で球界メッタ斬り(3)

アサ芸プラス / 2012年8月2日 10時59分

横浜は休んでるヒマないよ

「この中で横浜ファンいる?」

 講演会の会場が横浜市内だったこともあり、落合氏が聴衆にこう問うと、客席ではまばらに手があがった。

「いるんですね。頑張れよ、あいつら。じゃあ、ファンのために横浜再建策。別に俺、横浜の監督をやるわけじゃないけど、まずは練習させなければいけない。体力強化しかないから、休ませるな」

 常勝球団にした中日を引き合いに出し、落合氏は熱く続けた。

「ピッチャーは別だけど、ドラゴンズはオールスター休み中に2日間の休みだけだった。打てないなら練習しろ。選手が練習してるのに先に帰るコーチはいらない。横浜は休んでるヒマないよ。でも今、ドラゴンズもファームは休んでました。もうダメだな。ユニホーム脱ぐ時に必ず『もう1年やらしてくれ。もっとできる』なんて言うヤツがいるが、それまでに死ぬ気でやってこなかったヤツなんかいらないんだよ」

 しきりに横浜の練習不足を指摘したが、落合氏が課すノルマは並大抵ではない。

「(監督初年度の)中日では、『お前ら、ヘタで練習しなかったら勝てるわけない』と言った。11月の沖縄。19時過ぎまで明るいです。夕方までケージで打たせてたら『俺ら練習してる』と言うヤツに限って『足つった、背中が張った』となる。『マメができた』と逃げようとするヤツが出れば、ポケットに包帯を携帯させ、水分補給に行って帰ってこないヤツが出れば、水を何本でもケージに置かせた。あいつら、逃げられなくなった。できないなら、できるようになるために、まず、打つ体力をつけなければならなかった」

 当然、中畑清監督(58)にも注文をつけた。

「俺は中畑清、好きだけど、点取ってベンチで踊るなよ。俺だったらルイーズ(34)=前楽天。6月に入団=は連れてこない。彼に何を期待すんの。同じ負けでも次につなげる。俺なら(前日の試合で)7点取られた国吉(佑樹・20)を9回まで行かすよ。どうせ球宴前なんだから、150球投げさせたっていい。どうやったって昨日は負けなんだから。まあ、第三者だから言える。野球解説者は責任ないから」

 落合氏はDeNAへのエールも忘れなかった。

「横浜はまだ巨人と8戦しかやってない。ここに横浜の意地を見たい。中畑清監督、あれだけ大見得切って、『ジャイアンツにだけは負けたくない』って言ったんだから」

 予定の時間をオーバーし3時間も熱弁を振るうのだった。はたして来年以降も落合氏は講演を続けるのか。それとも巨人の、いや、まさかDeNAのユニホームを着ていることはないだろうか。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング