古舘伊知郎「フルタチさん」でのトーク力大幅劣化は“報ステ後遺症”?

アサ芸プラス / 2016年11月13日 17時58分

写真

 この11月から「フルタチさん」「トーキングフルーツ」(いずれもフジテレビ系)と、続々レギュラー番組をスタートさせた古舘伊知郎。

「報道ステーション」(テレビ朝日系)のMCを今春降板し、12年ぶりにバラエティへの本格復帰を果たした古舘に、テレビ業界では大きな期待が集まっているが、意外や「不満の声」も上がっているようだ。テレビ関係者が首をひねる。

「『フルタチさん』の初回を見ましたが、正直『古舘さんって、こんなんだったかな?』と首をひねりました。確かにしゃべりは抜群に上手いんですが、イマイチ本調子じゃない感じがしたんです。昔はもっと面白かった気がするんですが……」

 一体、古舘の何が変わってしまったのだろうか?

「たとえば『フルタチさん』の目玉として放送された“ネットニュース編集部を見学する企画”でも、編集者を安直にイジるだけで、面白いことは全然言っていませんでした。あれでは、ただベラベラしゃべるだけのオジサンです」

 古舘の“大幅劣化”の理由として、別のテレビ関係者がこう指摘する。

「明らかに『報ステ後遺症』ですよ。“それっぽいコメント”ばかり『報ステ』で続けた結果、面白いことが言えなくなったのではと思います」

 本調子を取り戻す前に視聴者が逃げてしまわなければいいが‥‥。

(白川健一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング