1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

佐藤江梨子 映画プロデューサーが「今なら脱がせられる!」続ヘルタースケルター「第二の沢尻エリカ」濡れ場計画

アサ芸プラス / 2012年9月6日 11時0分

 今年の上半期で大いに物議を醸し‥‥いや、話題をさらった芸能ニュースといえば、映画「ヘルタースケルター」での、沢尻エリカ(26)の全裸濡れ場だろう。これだけ注目を浴びる問題作となれば、「ぜひ、続編も」となるのは必然的な流れのようで─。

 現在、興行収入約20億円と大ヒット中の「ヘルタースケルター」。沢尻は冒頭から乳首全開で、立ちバック、レズクンニ、3Pと、みごとな女優魂を見せている。映画ライターが言う。

「思いのほか成功し、女性客がずいぶん多い。そこで各社の映画プロデューサーたちが同じ路線‥‥つまり、女性客も狙えるエロス作品でもう一発イケるんじゃないか、と考え始めているんです。『今なら女優を脱がせられるかも!』と、色めきたっていますよ」

 いわゆる“二匹目のドジョウ”狙いだが、「へルタースケルター」のごとく、女性にも見てもらえる官能作品にふさわしいヒロインは誰なのか。プロデューサーたちが白羽の矢を立てようとしているのは、佐藤江梨子(30)だという。

 配給会社スタッフが明かす。

「彼女は映画マニアで読書家。所属事務所イエローキャブの社長が6月に自殺するショッキングな事件が起きましたが、原因は事務所の経営状態が思わしくなかったことだと言われています。そうした事情につけ込みたい、というと言葉は悪いですが、仕事が欲しい今なら口説ける、事務所もOKするだろう、と踏んでいるわけです」

 サトエリといえば、映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(07年)で、下着ショットや背中からのセミヌードに挑戦。さらに「すべては海になる」(10年)では、白いキャミソール姿でベッドに横たわり、要潤に巨乳を揉みしだかれる濡れ場を演じているが、バストトップはまだ解禁となっていない。

「プロデューサーたちが『過去の作品よりは踏み込める。もうアイドルタレントとしてよりは、大人の女優にステップアップを、という方向に本人も傾きつつある』と言うように、それなりの感触があるようです。準備されているのは、『へルター』と同じく岡崎京子氏原作の『リバーズ・エッジ』。登場人物が『ヘルター』とリンクしており、“二匹目のドジョウ”にもピッタリです」(前出・映画ライター)「リバーズ・エッジ」は、学生たちの日常における生と死、そして性をリアルに描いたもの。コミックには主人公ハルナのセックスシーンが数回、登場する。

 まずはボーイフレンドの観音崎君との初エッチ。ザーメンが入ったコンドームとハルナの体液が無造作に散らばるのが生々しい。

 学校の屋上での、舌を絡ませてのディープキスに続いては、ホテルでのセックスシーン。コトが終わってベッドを飛び出し、立ったままテレビを見つめるハルナの全裸が正面から横から描かれる。

 クライマックスは、川沿いの草むらでの青姦だ。

「はあ、はあ、はあ」

「ああ、ハルナ‥‥」

 上着をたくし上げられ、バストを露出させたハルナが、正常位で腰を打ちつけられる。ここで、アソコがヒリヒリと痛くなるぐらい何度もセックスするのだ。そして「観音崎君は精液をあそこにぶちこむしかなかった」「私はあそこで受けとめる」という、“中出し発言”まで‥‥。

 前出・配給会社スタッフは言う。

「女性に支持される原作と、『へルター』同様に女性監督を用意しサトエリを口説き落とすシナリオです」

 次に映画界を盛り上げてくれるのは彼女しかいない。

【関連記事】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング