マツコ&有吉の新番組に起用されたナレーション俳優に視聴者が“怒り心頭”

アサ芸プラス / 2017年4月7日 17時59分

写真

 4月5日、マツコ・デラックスと有吉弘行が出演するバラエティ番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)がスタート。同放送は、人気だった『マツコ&有吉の怒り新党』のリニューアル番組ということで大きな注目を集めた。

「新番組では、天国をイメージした真っ白なセットで、これまでの『怒り』テーマに限らず、視聴者の様々な『ちょっと聞いてよ』という話に対し、2人がトークをしていくというスタイルに変更されました。そして進行役も青山愛アナから久保田直子アナへとバトンタッチ。またマツコと有吉の前には水のみが用意され、これまでの有名お菓子を試食するというくだりもなくなったことで、経費削減の流れが伺えました」(テレビ誌記者)

 さらに新ナレーターには、「三太郎」シリーズの一寸法師役で知られる俳優、前野朋哉が抜擢された。

 しかし放送中、この起用に関して視聴者からは厳しい声が殺到したという。

「これまでの『怒り新党』では、お笑い芸人の『ナイツ』塙宣之が、ナレーターを務めていました。しかしハキハキした喋り方が好評だった塙に対し、新ナレーターの前野は、岡山弁のゆるい口調で原稿を読むタイプだったのです。すると放送中、視聴者からは『なぜ岡山弁なの?』『ナレーションを変えてほしい!』『ホームページから苦情を出す』と辛辣な意見が殺到。前野といえば過去、CMにてインパクトのある登場をしたものの、わずか数カ月で登場しなくなり、一部では『人気が出ないからクビにされた?』との憶測が飛び交いました。そのため今回も、世間の反応によって降板させられる可能性が浮上しているのです」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、前野は制作側から依頼された仕事を真面目に取り組んでいるにすぎない。もしもこれで早急に降板となれば、気の毒と言うしかないが‥‥。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング