みやぞん「高校野球部スカウト話」に内村光良が「お前はマンガ!」大絶賛

アサ芸プラス / 2017年8月20日 9時58分

写真

「お前はマンガだ!」

 大ブレイク中の芸人みやぞんの数奇な人生に対し、ウッチャンナンチャンの内村光良が叫んだこの言葉が話題となっている。

「その発言が飛び出したのは8月13日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのこと。みやぞんのロケVTRを見た出演者一同が、その運動神経の良さと集中力の高さに驚いたあと、『勉強のほうはどうだったのか』という話題に移った時でした。宮川大輔から『高校も野球(推薦)で入ったんですよね』と振られたみやぞんは、当時のスカウト話を披露したのです」(芸能ライター)

 それは次のようなものだった。中学時代テニス部に入っていたみやぞんは、野球部と同じ敷地内で練習していた。ある日、野球部が練習している方向から球が転がってきたのでそれを何気なく投げ返したという。しかし、「その球がすっごい球だったらしくて」、たまたま来ていた高校の監督の目に留まり、引き抜かれたというものだった。

 そんな驚愕のスカウト話に内村も「お前マンガなんだな」と感心していた。

 そして実はみやぞんは同日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)でも、「マンガみたいな本当の話」を披露していた。彼はボクシングも得意なのだが、それにのめり込むきっかけとなったエピソードを明かしたのだ。

「ある日みやぞんが、ポメラニアンを追いかけていると、細い路地の先にサンドバッグが吊り下げられていたのでこっそりパンチしていたそうです。そのサンドバッグは運送会社作業員の息抜きとして使われていたものだったらしいんですが、その姿をたまたま見ていた社員から『君、腕がいいね、明日また来なよ』と言われ、彼のもとで練習し始めたのだとか。ただ実はその社員は昔キックボクシングのチャンピオンだったそうなんです」(前出・芸能ライター)

 これもまさに「マンガ」のようだ。前述の野球部スカウト話にも続きがあり、中学時代は、入部を希望していたバレー部がその学校にはなく「バレーと言えばネット。ネットがあるもの何だろうと思いテニス部に入った」という天然エピソードを語っていた。今後もさらなる「マンガみたいな話」を期待したいところだ。

(魚住新司)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング