モーニング娘「キャバ嬢コスプレ」でパチンコ台の悲哀

アサ芸プラス / 2012年11月8日 11時0分

 結成から、はや15年目を迎えた「モーニング娘。」は、現在、全国ツアーの真っただ中。とはいえ、かつての国民的アイドルの勢いはどこへやら‥‥。パチンコ台が登場しても、正統派アイドルとして勝負できない様子なのである。

 今や現役メンバーの名前や人数がまったくわからない読者諸兄も多いだろう。

 そんな中、10月中旬に現役&OBメンバーが顔をそろえたパチンコ台「CR元祖ハロー!プロジェクト」が全国のパチンコホールに登場した。しかし、その中身たるや、ファンならずとも悲哀を感じずにはいられないのだ。

「液晶画面の演出には『恋愛レボリューション21』や『恋のダンスサイト』『LOVEマシーン』『ザ☆ピース!』といった、ヒット曲の実写映像がふんだんに盛り込まれていますが、驚くことに、メンバーたちが銀座の高級クラブを舞台にママやホステスとしてしのぎを削るというストーリー仕立てになっているんです。初代リーダーの中澤裕子(39)と藤本美貴(27)がクラブのママで、バラエティで活躍する矢口真里(29)がよくしゃべるヘルプの売れっ子。辻希美(25)が産休で休暇中なら、ナルシストキャラの現役メンバー・道重さゆみ(23)が強気の接客を得意とする“ナンバーワン”という、妙にリアルな設定も要注目です(笑)」(パチンコライター)

 何やら楽しげにも見えるが、モー娘に先駆けて今夏にパチンコ台のキャラとなったAKB48が奇をてらわず登場したのと比較すると、もはや正統派アイドルとしてはパワー不足であるようにも見える。

「実際にパチンコ台を打ってみても、着物姿の中澤がママの貫録を見せつけたり、“女帝ドレス”に身を包んだ安倍なつみ(31)が銃を乱射するハチャメチャシーンがあったり、まさに必死ですよ」(前出・パチンコライター)

 さらには「実写シンデレラバタフライリーチ」になると、石川梨華(27)がヘソもあらわなミニスカドレス姿で登場。色っぽく唇にリップを塗ったりしながら、「エロ生脚」やパックリ開いた背中をアピールし、花束を手に意中の男性に告白するという具合だ。

 世界がうらやまないばかりの「モー娘の未来」が、ここに表現されているかのような扱いである。「モー娘」のプロデューサーで、パチンコ台の監修も行ったつんく♂(43)は、発表会見の席で、構想に3年近くかけたことを明かし、

「最近、動員は(AKB48プロデューサーの)秋元さんに追い込まれていますが、パチンコだけは負けずに頑張ります!」

 と、本業では負けを認めるような発言をしてしまったのも物悲しい。

「10月に人気AV女優の和希さやかが、前リーダー・高橋愛(26)主催のファンと行くバスツアーに参加したことをブログに写真付きで告白して、一部で注目を集めましたが、それぐらい最近のモー娘は話題に乏しい。喫煙騒動で脱退した加護亜依(24)に昨年、AVオファーがあったとの報道もありましたが、ラブコールはAV業界からばかりのようです」(芸能記者)

 CDの売り上げも全盛期には遠く及ばない昨今、せめてパチンコ台の人気ぐらいは、かつての勢いのようにフィーバーしてほしいものである。

【関連記事】

アサ芸プラス

トピックスRSS

ランキング