天才テリー伊藤対談「槙原寛己」(2)巨人には20年ほどスター選手が不在

アサ芸プラス / 2017年10月17日 17時55分

写真

テリー 今年の巨人の印象はいかがでしたか? 陽岱鋼も含めてすごい補強をして、僕らファンは「もう今年は優勝するんじゃないか?」と思ったんですけど。山口(俊)なんて、話題になったのは暴行事件だけでしたし‥‥。

槙原 結局、1勝で終わりましたからね。

テリー 蓋を開ければほとんど投げられませんでしたけど、山口の肩の不調のことは、DeNAの時にわからなかったんですか?

槙原 調査や水面下での打診といった獲得の動きは、かなり早い段階で行っていますし、その時には完封したりしていましたから。9月ぐらいから調子を落とし始めたけど、恐らく本人の予想より、ずっと悪くなってしまったんじゃないでしょうか。

テリー つくづく運がないというか‥‥。

槙原 まぁ、山口に限らず、巨人の補強は全体的にチグハグな印象がありました。だから、今度は野球経験者の鹿取(義隆)さんがGMになって情報収集と編成をしていく、ということなんでしょうけれども、巨人はドラフトも含めて、一回いろいろと考え直さないと、きついですよね。

テリー でも、ドラフトはここ最近、パ・リーグのクジ運が圧倒的にいいんだよなァ(苦笑)。

槙原 だから、清宮(幸太郎)だけはセ・リーグにください(笑)。

テリー もうアサ芸は今から「清宮、巨人に決定!」って表紙に載っけといてよ、頼むから(笑)。

槙原 僕はいつもドラフトの中継で解説を務めているんですけど、12年に藤浪(晋太郎)がドラフトで騒がれた時、阪神が引き当てた瞬間、生放送だったのに「よし!」って言っちゃいましたからね(笑)。やっぱりセ・リーグに、ああいう選手が欲しかったんですよ。力のあるピッチャーやバッターが入ると、リーグ全体が盛り上がりますからね。清宮だとお客さんが入る可能性が十分あるので、ここは巨人にぜひ欲しいところですね。

テリー いや、もう本当にそう思います!

槙原 僕らがいた時も、巨人がちょっと低迷していたタイミングに松井(秀喜)が来たんですよ。何となく、あの時と雰囲気が似てるような気がするんです。巨人は10年おきぐらいに、いい選手が来ますからね。

テリー 今の巨人のスター選手って、生え抜きだと坂本(勇人)がいるかもしれないけど、正直言ってもの足りなくて。やっぱりモンスター級となると、長嶋(茂雄)さん、王(貞治)さん、原(辰徳)さん、あと松井くらいですか。

槙原 あと阿部慎之助も入るんじゃないですか。キャッチャーとしてもすばらしかったし、2000本打ったし、彼は大正解でした。

テリー そう考えてみると、巨人にはここ20年ぐらいスター選手が出てきていないんですよ。

槙原 だからこそ、いろいろ見直していかなきゃいけないわけです。僕らの頃は江川(卓)さん、西本(聖)さんの時代で、今と時代が違うにしても、「投手陣は安泰だから、高校生を取ろう」と、僕と斎藤(雅樹)、水野(雄仁)、桑田(真澄)を取っていったわけですよ。

テリー ああ、聞いてるだけでもすごいラインナップですよね。

槙原 これ、みんなドラフト1位で取ったんです。それがその後のジャイアンツを何年、何十年と支えたんですから。現在のレギュラーをどうするかだけじゃなく、次の世代をどう固めるかというプランがしっかりできてたんだと思います。そういった目線が、巨人には今、必要になってきているんじゃないでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング