羽鳥アナも責任を取るべき!本田翼の「ゴチ」クビ決定に視聴者の不満が爆発

アサジョ / 2020年12月28日 18時14分

写真

 こういうのが「とばっちり」というのかも?

 女優の本田翼と、俳優の田中圭が12月24日放送のバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の名物企画「グルメチキンレース ゴチになります」に出演。ところが結果的に“クビ”になることが決定。視聴者が一気に落胆してしまった。

「田中さんは最終戦前の段階ではトータル順位は3位。ところが、最終戦で最下位になったことでトータル順位も一気に最下位まで転落してクビが決定です。本田さんは最終戦で設定金額の誤差200円という好成績で2位に入りましたが、結果発表後にクビ人数が2人に決定したことで、トータル順位が5位だった本田さんも卒業となってしまいました」(エンタメ誌ライター)

 でも、レギュラー陣の中では圧倒的にビジュアル担当だった2人のクビには、視聴者から残念がる声がほとんど。特にわずか1年での卒業となり、涙ながらにコメントした本田には、心を打たれる視聴者が続出した様子。そして、こんなまさかの声まで上がった。

「番組進行役の羽鳥慎一アナに対するブーイングが凄かったんです。『ばっさー(本田)をクビにした羽鳥の罪は重い』『ルーレットを回した羽鳥さんがクビになればよかったのに』なんてストレートな声も。多いのは、羽鳥アナだけノーリスクはずるいという声でしたね。羽鳥アナもクビになるリスクがあれば公平感は出るという意見が思いのほか多かったようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 羽鳥アナに関しては、同企画の中で2位以下の人が支払う出演者全員分のお土産代についても、いつもちゃっかり無料でもらっていることで「フェアじゃない」というブーイングもあるのだとか。とはいっても、緊張感ある中で行われる最終戦の結果発表をうまく進行できるのも羽鳥アナだからこそ。ばっさー目的で番組を見ていた人にはショック極まりない今回の結果だけど、こんな終わり方があるからこそ人気企画ということで、あきらめるしかないのかも。

(塚田ちひろ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング