広瀬アリスが明かした「ネガティブ思考」はやっぱり妹・すずの影響?

アサジョ / 2021年1月20日 10時14分

写真

 1月13日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に女優の広瀬アリスが出演し、「ネガティブ過ぎて自分に疲れるときがある」と告白。想像を絶するマイナス思考ぶりにネット上でも驚きの声があがった。

 広瀬は「人と会ってると平気なんですけど、ひとりになると『私なんてもうダメだ…』」とネガティブモードに突入するそうで、「勝手に帰り道泣きはじめたり」することもあるという。こんな性格を妹の広瀬すずからは「お姉ちゃんみたくなりたくない。すごく生きづらそうで、絶対すずは嫌だ」と10代の頃から言われていたと明かした。

 またアリスは、エゴサーチして悪口を見つけたときは、逆にポジティブになると説明。普段は5分、10分に1回エゴサーチをしているといい、自分の悪口を見つけると「その人のアカウントに行って、どんな人生を歩んできたのかを全部見て」「いいねとかフォローしてる人とか全部見て、この人よりは幸せだな私」と思うことでポジティブになれるのだとか。

「広瀬のネガティブエピソードにネット上では、《こんな美人でもネガティブになるんだ》《明るく見える人でも中身は不安や悩みに苛まれてるんだよね。ほんと人って表面ではわからない》と驚きの声があがっていました。ただ、姉がネガティブで妹がポジティブになるのは“姉妹あるある”。有村藍里・架純姉妹のケースもそうですが、出来る妹だったり、人気者の妹がいると、余計に姉はネガティブになりやい傾向にあるのではないでしょうか」(ネットライター)

 広瀬の性格は妹・すずの人気ぶりが影響していた?

(板橋亮二)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング