ゆきぽよ騒動も影響?瀧川鯉斗と浅田真央の関係を世間が応援できないワケ

アサジョ / 2021年2月2日 10時15分

写真

 元暴走族総長で現在は落語家の瀧川鯉斗が1月28日放送の「関ジャニ∞のジャニ勉」(関西テレビ)に出演し、バラエティ番組内の企画で連絡先を交換したプロフィギュアスケーター・浅田真央との“その後”を明かした。

 瀧川と浅田は昨年10月放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)の公開お見合い企画で意気投合し、すぐにお互いのLINEを交換。共演者から、その後のやり取りや進展状況について聞かれ、瀧川は「そうですね、一応交換したんですけど。このご時世ですからね、なかなか会うとなると行けず」とし、「やり取りはまぁまぁ、ボチボチくらいですかね」と答えている。

 関ジャニ∞の横山裕は2人のメッセージのやり取りのペースが気になるようで、「(テレビに)出ていたら、『観たよ』って連絡するくらいですか?」と質問。これに瀧川は「そんなレベルでもないですね。国の宝ですから」と慎重な姿勢を示すと、「1本100円の焼き鳥屋さんには連れていけないですからね」とデートの店選びも容易ではないようだ。

 共演者からは「本人は(どんな店でも)いいって言うでしょうけど」「国が許さんか」との指摘が寄せられ、瀧川も「お付き合いして別れた時に俺、日本に居られなくなりません?」と不安を吐露していた。

「瀧川は1月17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)の中でも浅田とのやり取りについて言及。昨年10月には浅田から“見た目が好み”との評価をもらい、瀧川も『向こうが良ければ』と関係を進展させる気があると語っていましたが、同時に『俺、暴走族の総長をやっていた人間なので、国の宝に手を出すのはおこがましい気持ちがある』と素直な気持ちも表明。最近では、タレントのゆきぽよが“危ない交友関係”を問題視され、大きな騒動となっていることから、世間からはそのあたりの懸念も殺到しています。ネットでは『暴走族の総長だった事を得意気に話す姿は、ちょっとドン引きです』『そんなのは隠すこと。ゆきぽよがバッシングされてるのに』『過去の悪行をバラされたら、やばいんじゃないの?』『真央さんには、もっと安心出来る人がついてほしいなと思います』『浅田真央さんと釣り合うかと言われたら?ですね』との反発が続々とあがっています」(芸能ライター)

“イケメンすぎる落語家”としてモデル活動にも挑戦してきた瀧川だけに、現在もかなりの数の女性から言い寄られているはず。“国の宝”である浅田との今後のやり取りに漂うリスクは、他でもなく本人が最も自覚しているのかもしれない。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング