1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

マスク生活で肌乾燥!皮膚科医が教える“老け見え”対策とは?

アサジョ / 2021年9月29日 10時14分

写真

 長引くマスク生活で、顔肌乾燥に悩んでいませんか? 鏡で自分の顔を眺めて、「あれっ、老けた……?」と感じるなら、今すぐ対策を!

 ライオンが2021年8月に実施した『コロナ禍における肌乾燥に関する意識調査』によると、長引くマスク生活によって「顔肌乾燥がひどくなった」と回答した女性が7割以上もいたそうです。また、コロナ禍を経て「見た目年齢が“実年齢”よりも老けて見える」と40.7%の女性が回答。多くの女性が、乾燥による“老け見え”を深刻にとらえているようです。

 銀座ケイスキンクリニック院長で皮膚科医の慶田朋子さんによると、乾燥を放置して軽微な炎症が続くと、シミやくすみ、小じわなどの要因となり、それが老け見えの原因になってくるのだとか。そして、マスクによる肌トラブルを予防するためには、正しいスキンケアが欠かせないといいます。

「スキンケアの根本は優しく洗って、しっかり保湿をすることです。保湿は、肌をただ水で湿らせることではありません。『セラミド』・『ヒアルロン酸』・『ヘパリン類似物質』など、肌に水分をしっかり抱えさせることの出来る保湿成分をうまく活用した、正しいスキンケアを行いましょう」

「とくに『ヘパリン類似物質』は、皮膚科医がアトピー性皮膚炎や乾皮症の治療に長く処方してきた保湿成分であり、多数の臨床研究からその高い保湿効果が認められています。バリアが脆弱な上、衣類で覆うことができない露出部、さらにマスクによるダメージを受けている顔肌のケアには、おすすめの成分の一つです」(慶田さん)

■顔乾燥に役立つ新しいスキンケアコスメ

 日頃からしっかり保湿するとともに、スキンケアコスメは成分も意識して選ぶ必要があるようです。そこで、参考までに新しいスキンケアコスメの中でも、顔乾燥に役立つものを紹介していきましょう。

●「フェルゼアプレミアム」シリーズ

 ライオンの乾燥肌治療薬ブランド「フェルゼア」から、顔などの乾燥を考えてヘパリン類似物質を配合した「フェルゼアプレミアム」シリーズが2021年9月8日に発売されました。化粧水、クリーム、バームの全3品で、毎日のスキンケアや乾燥が気になるときに使え、肌の保水力を引き出してくれるそうです。

●「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」

 花王「ソフィーナ iP」の新しい泡洗顔料「ソフィーナ iP リニュー ムース ウォッシュ」は、100%炭酸ガスの噴射剤が作り出すクリーミーで濃密な洗浄泡が特徴。洗浄後も保湿成分が肌にとどまるモイストキープ処方によって、つっぱらず、しっとりとした肌に導いてくれるとか。

●「ノブ III バリアクリーム UV」

 低刺激性化粧品「ノブ」のIIIシリーズのうち、最近リニューアルした商品の一つ「皮膚保護クリーム」も注目の乾燥対策コスメ。日中に塗ることで紫外線や外部刺激から肌を守り、皮膚のバリア機能をサポートするそう。敏感肌の人は要チェックですね。

 まだまだマスク生活は続きそうです。顔肌乾燥対策で、ぜひ若々しい素肌を取り戻してくださいね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング