石田ゆり子に負けない奇跡の48歳!森口博子がずば抜けて若いと羨望の眼差し

アサジョ / 2016年10月8日 9時59分

写真

 女優の天海祐希(49)と石田ゆり子(47)が初MCを務めたスペシャル番組「スナックあけぼの橋」(フジテレビ系)。この放送で独身アラフィフの2人は「奇跡の40代」「可愛すぎる40代」と評され、話題になったのは記憶に新しい。

 そして、10月4日に放送された「UTAGE!秋の祭典2時間スペシャル」では、歌手でタレントの森口博子(48)が「奇跡の40代」の仲間入りをしたようだ。

 ネット上では「アラフィフであの若さは凄い」「早見優、堀ちえみ、松本明子、松本伊代らアラフィフ軍団の中でずば抜けて若くて綺麗だった」と絶賛された。

 テレビ局関係者も「森口はいつも元気で明るい」と話す。

「彼女は、場を明るくする天才ですね。また、1991年から続いている人気番組『はじめてのおつかい』(日本テレビ系)でのMCでもわかるように、絶妙なコメントができる。スキャンダルとはほぼ無縁だし、歌のうまさにも定評がある。そんなに目立つ存在ではないけれど、局としては、安心してキャスティングできるタレントです」と、好評価だ。

 人の目にさらされる職業ゆえ、若さをキープするための努力は並々ならぬものがあるだろう。だが、元気な独身アラフィフが活躍しているのを見て、励まされている同年代の女性もきっと多いはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング