ジョニー・デップの16歳娘がまさかのバイセクシャルをカミングアウト!

アサジョ / 2015年9月4日 17時58分

写真

 ジョニー・デップと前妻のヴァネッサ・パラディの間にはモデルとして活躍する16歳の娘、リリー・ローズ・デップがいる。日本のファンからも「最強遺伝子を受け継いだ美貌」と絶賛されるほど美しいリリー・ローズだが、彼女がこのたび「セルフ・エヴィデント・トゥルース・プロジェクト」のモデルとして参加し、バイセクシャルを公言したとして現地では話題になっている。

 彼女が参加したのは、写真家アイオ・ティレット・ライトが展開する「自分のことを100パーセント異性愛者とみなしていないアメリカにいる1万人」の写真を撮るプロジェクト。その1人の被写体としてリリーが参加することになったわけだが、これに対しアイオはリリーの写真をインスタグラムに公開し、「リリー・ローズをとても誇りに思う。彼女は自分がこの大きなくくりの中に属すると感じたから、セルフ・エヴィデント・プロジェクトに参加したいって決断したんだ。このファミリーの中に彼女を迎えるなんてこんなに嬉しいことはないよ」などと、キャプションを添えている。

 ところが父親のジョニーと母親のヴァネッサは、このプロジェクトなどを含むLGBT(同性愛者などを支援する)キャンペーンに娘が参加することを完全には把握していなかったようで、何もコメントは出していない。

 ちなみにリリー・ローズは父親のジョニー・デップが自分に対してあまりに「過保護」であるため、仕事などのキャリアのアドバイスは母であるヴァネッサに頼っていると、近い関係者が述べている。

「ヴァネッサはリリー・ローズのワイルドでアートな側面を常に応援しています。リリーを気に入ってくれている大手映画会社もすでにあるんですよ」(関係者)

 先日、父であるジョニーと共演した映画「ヨガ・ホーサーズ」の撮影を終えたばかりのリリー・ローズは、すでに新作映画「プラネタリウム」への出演が決まっているだけでなく、2016年はコメディ映画「ムース・ジョーズ」の撮影を控えているなど順風満帆。ゴマンといるセレブのダメ2世とは違い、今回のプロジェクト参加など、自分自身の意識を持っているリリーなら大成功するだろうと関係者は見ているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング