小倉優子、“慰謝料0円離婚”に秘められた「ハワイビジネス計画」

アサジョ / 2017年3月10日 10時15分

写真

 3月3日、カリスマ美容師として知られる菊地勲氏と離婚した小倉優子。第2子妊娠中の昨年8月、小倉と同じ事務所所属だった後輩タレント・馬越幸子と夫が不貞していたことが発覚して以降、夫婦関係は冷めきっていたようだ。

 約5年半の結婚生活に終止符を打った小倉だが、離婚に際して話題になっているのが「慰謝料0円」という条件。夫の不貞がありながら一切の慰謝料をもらわない彼女に関して、様々な憶測が囁かれている。

「本格的な芸能活動再開を決心しているからではないでしょうか」と語るのは、放送作家だ。

「彼女ぐらいの有名人だと、慰謝料の額を巡ってモメるより、さっさと芸能活動を再開したほうが実入りが多くなる。潔い印象を世間に与えることもできるので、テレビで『ぶっちゃけキャラ』として再ブレイクしやすくもなります」

 さらに、別角度からの見解も。

「彼女がハワイを舞台としたビジネスに本格進出するために、慰謝料をもらわなかったようですよ。今回の離婚で、慰謝料の代わりに夫婦で購入したハワイのペンションの所有権を彼女が獲得したと言われています。小倉さんといえば、ハワイの人気ブランドと組んでハワイアンアクセサリーをプロデュースするほどのハワイ通。以前からハワイでのビジネスに強い関心を持っているようなので、今後はその物件を活動の拠点にするのではないでしょうか」(テレビ関係者)

 新たな環境での成功を祈りたい。

(白川健一)

関連記事:小倉優子の離婚報道に同情多数、慰謝料なくとも養育費は年間2000万円以上? http://asajo.jp/excerpt/25337

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング