キムタク、嵐・二宮和也と映画共演でわかった新たなる野望とは?

アサジョ / 2017年5月10日 10時14分

写真

 元SMAPの木村拓哉と嵐の二宮和也が、来年公開される映画「検察側の罪人」で初共演するニュースに驚きの声が上がっている。

「SMAPと嵐が共演するなんて、解散前には考えられませんでした。剛腕マネージャーのI女史が退社して、事務所内が一つにまとまったから実現できたんでしょうね。キムタクも“二宮、他のキャストの皆さんと撮影現場を思い切り楽しみたい”と明るくコメントしています」(女性誌記者)

「SMAP解散騒動」以降、すっかり“ダーティーなキャラ”が定着している木村だが、このところ解散直後のドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)がある程度の成功を収め、ダーティーなイメージも徐々に払拭しつつあるという。

「28日には『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演して、SMAP解散後の胸中を語ったり、27日の『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)では、高校の同級生だったマツコ・デラックスと共演。マツコの今後、進むべき道についてアドバイスするなど、ネット上には“キムタク優しい”など、好感度を示すコメントがあがっています」(テレビ誌ライター)

 ところが、こうした木村の動きには狙いがあるという向きもある。

「タレントとして好感度を上げることはもちろんですが、キムタクにはもう一つ秘めた思いがあります。それは今までの枠を越え、嵐やTOKIOとドラマや映画で共演することで、自身の事務所におけるポジションを上げるということ。元SMAPの4人のメンバーが独立した場合、彼はジャニーズに忠誠を尽くしたヒーローなわけですから」(前出・女性誌記者)

 キムタクの本心やいかに!?

アサジョ

トピックスRSS

ランキング