1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「テラスハウス」スタッフが再集結も史上初の百合ドラマに辛辣な意見が続出!

アサジョ / 2015年11月13日 9時59分

写真

 11月7日からスタートしたテレビドラマ「トランジットガールズ」(フジテレビ系)の視聴率が4.1%だったことがわかった。同ドラマは史上初のガールズラブをメインテーマとして描くことで、放送前から話題となっていた。

「『トランジットガールズ』は、今年の4月から始まった土曜23時台のドラマ枠で放送されており、最近は『妄想彼女』『ラーメン大好き小泉さん』などの話題作がドラマファンから注目を集めました。また、どの作品も初回視聴率は4%を超え、比較的安定しているのですが、今回の『トランジットガールズ』は、歴代でみると初回視聴率は最低となってしまいました」(テレビ誌記者)

 放送前から“ドラマ史上初、セクシャルマイノリティーを正面から描く”と一部で話題になったものの、視聴率的には期待ほどではなかったようだ。

 そして今回、同性と恋に落ちる主役を務めるのが伊藤沙莉である。彼女は子役時代から「女王の教室」「14ヶ月~妻が子供に還っていく~」など話題作に出演し、その独特のハスキーボイスと、インパクトのある演技で、脇役ながらも視聴者には鮮烈な印象を残してきた。

 しかし彼女は、どちらかといえば美少女というタイプではないため、今回の起用に関しては視聴者から賛否の声が上がっているという。

「今回、ドラマを観た視聴者からは『どうして正統派美少女を使わない?』『美形同士の百合作品が見たかった』と、キャスティングに関して辛らつな意見が殺到しているようです。この作品は『テラスハウス』のスタッフが再集結して手掛けているのですが、おそらく製作側は現実であまり見かけないような美人を主役に置いてしまうと、視聴者は感情移入しにくいと考えたのかもしれません。そのためリアリティを重視した結果、派手なルックスでない伊藤を起用したのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 とはいえ、一部では伊藤の起用に、リアリティがあると称賛する声があることも事実。今後、彼女の演技と展開によって、視聴者を納得させることができるかにも注目が集まりそうだ。

(森嶋時生)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング