閉じた画面を呼び戻す!ほとんどの人が知らない「超便利ショートカットキー」

アサジョ / 2017年11月21日 10時14分

写真

 パソコン作業中、インターネットブラウザタブをいくつも開くことがありますよね。勢いあまって、うっかりその1つを閉じてしまった経験はありませんか。実は、最後に閉じたタブ(ブラウザのページ)を開くことができるショートカットキーがあるのです。

■Windows(以下Win):Ctrl+Shift+T

■Mac:Shift+Command+T

 また、新規タブを開くときはWin、Mac共に上のショートカットキーからShiftを抜かせばOKです。

 ブラウザ関連としては、Ctrl(Win)、Command(Mac)+Lでアドレスバーを指定するショートカットもあります。閉じるは+Wですね。

<応用>

 マウスやタッチパッドで細いアドレスバーにチェックをいれるのも面倒だったりします。そこで、Ctrl(Command)+Tで新規タブを表示させて、Ctrl(Command)+Lでアドレスバーを指定。検索ワードを打ち込んでエンターキーを「ッターン」すれば、検索結果が表示されるというわけです(アドレスバーに日本語を入れれば検索できるというのはご存じですよね)。

 便利なショートカットをもうひとつ。ワードやエクセル、ブラウザにメールとたくさんのアプリを開いていると、表示したいアプリの画面が「一番下」にあってアクセスしにくいということがあるかと思います。そんなときは「アプリケーション切り替え」のショートカットを使いましょう。

■Win:Alt+Tab

■Mac:Command+Tab

 これで、任意のアプリを選択すれば、画面の最前面に表示されます。

 ちょっとした知識で、仕事の効率化が図れるのです。ぜひ、使ってみてくださいね。

(摘木みなみ)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング