福士蒼汰を「熱愛報道」の次に襲ったアクシデント

アサジョ / 2018年3月20日 10時15分

写真

 先月発売の「女性セブン」で、3歳年上の美女との熱愛が報じられた俳優の福士蒼汰。多くの蒼汰ファンがショックを受ける中、またしても衝撃的なアクシデントに襲われていた。

 福士は、14日放送の情報番組「PON!」(日本テレビ系)に出演。お笑いタレント・永野のコーナー「永野にお“シェー”て~!」に、3月21日公開の映画「曇天に笑う」で共演する俳優・小関裕太と共に登場した。

「福士は先月まで上演していた舞台『髑髏城の七人Season月』に出演していたのですが、舞台の真っ最中にぎっくり腰になったことを明かしたのです」(芸能記者)

 サラリと衝撃の告白を口にする福士に、永野も「シェー!!」とお決まりのポーズで仰天。しかも、永野の「これは発表したんですか?」という質問に対して「してないです」とコメント。ファンを心配させまいとする気遣いに、永野も「エライ!」と深く頷いていた。

 この放送を見たファンからは〈大丈夫ですか!?無理しないでね!〉〈さすがプロ〉〈どんだけ忍耐強く男気あるんだよ!!〉〈舞台かなり観に行ってたけど気づかなかった〉とプロ根性を称えるコメントがTwitterに多数書き込まれた。

「福士は1月29日に行われた映画『曇天に笑う』のプレミアムイベントに出席した際も、激しいアクションシーンで足の小指にひびが入ったことを本広克行監督から明かされ、『ご迷惑をおかけした点もあったかもしれないですけど、動き的には問題なくできました、皆さんの配慮の上でできたので全然大丈夫です!』と明るく答えていました。ぎっくり腰や骨のひびの激痛もものともせず演技に打ち込む姿勢は見上げたものですね」(スポーツ紙記者)

 福士は、今年の10月公開予定の映画「旅猫リポート」でも主役を演じる。こちらは、5年前から飼い始めた猫をある事情で手放さなければならなくなった青年が、猫とともに新しい飼い主を探す旅に出るという物語。少なくともこの作品では、大きなけがをすることはなさそうだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング