山口達也の酒癖は他人事じゃない!アルコール依存の怖さがわかる映画4作

アサジョ / 2018年5月17日 7時15分

写真

 元TOKIO・山口達也の事件報道により、その恐ろしさが改めてクローズアップされたアルコール依存症。この病気がどういうものかを描いた映画は、世界中にいくつもある。

 最も有名なのは、アカデミー賞作品賞を受賞したビリー・ワイルダー監督の「失われた週末」(1945年)。売れない小説家が酒におぼれ、州の養生施設に入れられるが、そこを逃げ出してピストル自殺を図ろうとする物語で、依存症の精神的な不安定さを見事に表現した主演のレイ・ミランドはアカデミー賞とカンヌ国際映画祭の主演男優賞を得た。

 ブレイク・エドワーズ監督の「酒とバラの日々」(1962年)は、仕事のストレスから徐々に酒に依存していく夫と、それに感化されて酒を飲み始める妻という、夫婦そろって依存症の地獄に落ちる様を描く。名優ジャック・レモンの鬼気迫る演技は、平穏な日常が簡単に壊れていく怖さを感じさせるに十分だ。

 日本では、漫画家・西原理恵子の元夫で、2007年にがんで亡くなった鴨志田穣の壮絶なアルコール依存症闘病記を描いた映画が2本ある。西原側から夫の行状を見つめる「毎日かあさん」(2011年)は、小泉今日子と永瀬正敏という実際に元夫婦だった2人の共演でも話題を集めた。かつて戦場カメラマンだった鴨志田が、戦場のトラウマから酒にのめり込み、家族の支えによって立ち直っていく姿を、永瀬が絶妙のバランスで演じている。また鴨志田の自伝的小説を東陽一監督が映画化した「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(2010年)は、アルコール依存の現実を最もリアルに映し出す。酒を飲んでは吐血、入院、家族への暴力を繰り返す男が、抗酒剤を服用して今度こそ禁酒に成功するかと思った矢先、寿司屋で出された奈良漬を食べたことでコンビニの酒棚に直行してしまうのだ。

 奈良漬のアルコール分だけで元の木阿弥になる現実こそが、アルコール依存の真の怖さ。最近、酒の摂取量が増えていると感じる人には、この4本をぜひ見てほしい。決して他人事ではないと感じるだろう。

アサジョ

トピックスRSS

ランキング