藤井聡太人気を上回る「凄腕イケメン棋士」生出演に視聴者ざわつく

アサジョ / 2018年5月19日 10時15分

写真

 5月18日放送の情報番組「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)にプロ棋士の中村太地王座が出演。ネットでは、あの藤井聡太六段を食うほどの反応を見せた。

 番組では同日、藤井六段が挑む第31期竜王戦5組ランキング戦準決勝を特集。これに勝てば藤井六段は史上最速、15歳9カ月で七段に昇格。中村王座はこの“世紀の一戦”を予想する解説者として登場した。

 中村王座は昨年10月、王座戦で羽生善治王座に勝利。自身、初のタイトルとなる「王座」を獲得。MCのフリーアナウンサー・羽鳥慎一から感想を聞かれると、「タイトルを獲るのがプロ棋士を目指していた頃からの夢だったので本当にうれしい。羽生さんも憧れの人だったので、そういった方とタイトル戦で戦えて光栄でした」とコメントした。

 実力もさることながら、世間を騒がせたのは中村王座の「将棋界の貴公子」と称されるほどの甘いルックスだ。雑誌「家庭画報」など、将棋雑誌以外からのメディアの取材も増えたという。この日の放送では、体力強化のために所属しているフットサル部で、華麗な動きを見せる中村王座の姿もVTRで紹介された。

 ネットでは「中村太地王座がテレビに出ていると、ちょっと見てしまう(笑)」「中村太地王座のフットサル姿、かっこいいな」「朝の中村太地さんはとっても爽やか。いや、いつもか」など、藤井六段の話題を食うほどの人気ぶりなのだ。中には「かりんちゃんが卒業したら、中村太地と付き合ってほしい」というコメントもあったが、これについてテレビ誌ライターが解説する。

「アイドルグループ『乃木坂46』の伊藤かりんのことです。伊藤は中村王座と一緒に将棋情報番組『将棋フォーカス』(NHK教育)で司会を務めています。2人が仲睦まじく司会進行していることから、将棋ファンの間ではカップル誕生を期待する声が少なくありません。ただ今のところ、浮いた話は聞こえていませんが……」

 棋界きってのイケメン棋士の公私両面に注目していきたい。

(石田英明)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング