北川景子、グルメロケで思い出された衝撃の「食事シーン」

アサジョ / 2018年7月10日 18時15分

写真

 女優の北川景子が6月26日放送のバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)に出演。今回、北川は公開中の映画「パンク侍、斬られて候」の宣伝で共演の綾野剛とともに北品川で街歩きロケに参加したのだが、その中に和菓子屋やカレー店を訪れての食事シーンがあった。

 北川はどら焼きや、カレーを美味しそうに頬張っていたのだが、食べ物を口の中に含む量が少し多すぎたのか、ほっぺを少し膨らませてリスのような食べ方に。この様子を見ていた視聴者からは「あ、この食べ方懐かしい」「昔よりはよくなってるね」「やっぱり、食べ方だけは残念だな」などといった声が上がっている。

「北川は08年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の『食わず嫌い王決定戦』で、そこまで口の中に食べ物を入れるかというぐらいの量を入れて、頬をぷくっと膨らませながら会話していたことで、ネット上では『食べ方が残念』『品がない』と指摘されてしまいました。これがなかなか大きな話題となったためか、その後の番組では上品な食べ方に改善されていた。ただ今回に限っては、少し口の中に含む量が多かったのと、食べ始めに話を振られてしまったことで、一部の視聴者には“また口を膨らませて食べてる”と映ったようですね」(エンタメ誌ライター)

 北川に好きな食べ物を訊ねたウエンツ瑛士は、焼き肉やカレー、餃子という答えを聞いて「お口が結構子どもなのかな?」とツッコんでいたが、遠回しに食べ方を皮肉っていた?

(田中康)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング