あの人のせい!?横澤夏子の「ハリウッド進出」を鵜呑みにできないワケ

アサジョ / 2018年8月3日 10時14分

写真

 お笑い芸人の横澤夏子が8月24日より全国公開される映画「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」出演していることが分かった。

 ピアース・ブロスナンやメリル・ストリープ、ドミニク・クーパーといった名優が出演した前作「マンマ・ミーア!」は、全世界で6億ドル以上の興行収入を上げ、日本でも大ヒットを記録するなど、近年のミュージカル映画を代表する名作として高い評価を受けていた。

 今回、横澤が演じるのは英国人俳優コリン・ファース演じるハリー・ブライトに大きな影響を及ぼす役柄とのことで、本人も「是非この夏は劇場へ私を探しに来てください!」とPRしている。

 しかし、人気タレントの“ハリウッド進出”との触れ込みには懐疑の目を向ける日本人が少なくないのが現状だ。

「というのも、過去にはモデルのローラも“バイオハザードで本格的にハリウッド進出!”などと銘打たれ、実際に同作の予告編にもローラの数少ない出演シーンが抜粋されてお茶の間に流れました。しかし、映画を観たファンがその“ちょい役ぶり”にガッカリさせられたというパターンがあったため、今回の横澤のハリウッド進出にも『映画見てて気付くくらいの役なの?』『下手したら見つからないかも…?』との懸念の声が上がり、『ただのエキストラで大騒ぎしてたローラより全然いい』といった反応も。世間は人気タレントの唐突な“ハリウッド進出”というフレーズには過敏になっているようです」(テレビ誌ライター)

 横澤本人も「劇場へ私を探しに来てください」と述べている以上、さほど大きな役を与えられているとは思えないが、果たして…?

(木村慎吾)

アサジョ

トピックスRSS

ランキング