「資格王」の堂本光一、USJアトラクションにもかかわっていた!

アサジョ / 2018年8月5日 10時14分

写真

 6月、KinKi Kids・堂本光一がインターネット番組「GYAO!」で初のオリジナルプログラム「光ちゃん、これやってみない?」をスタートさせた。同番組は光一がさまざまなことにチャレンジするバラエティ。第1回と2回は通販、3回と4回は船舶、5回と6回は車に関してチャレンジをしている。そんな光一は実はチャレンジ精神に富み、いくつもの資格を取得してきた。

「日本テレビ系のバラエティ番組内の企画“資格ゲッター☆ピカイチ”を通して、20もの資格を取ったんです。モテる男を目指してという趣旨でしたが、当時、彼は20歳。ドラマやバラエティで大忙しだったのに、受検のための勉強も加わったので、寝る間もなかったそうです」(テレビ局関係者)

 取得した資格は食品衛生責任者、フォークリフト運転業務特別教育修了(最大荷重1t未満)などさまざま。中にはすでに失効したものもあるというが、今なお形として残っているのは、アーク溶接だ。

 空気中の放電現象を利用して金属をつなぎ合わせる溶接方法で、USJの大人気アトラクション「JAWS」の入口で構える巨大オブジェ・ジョーズのヒレを光一は溶接している。

 そんな“資格王”光一の足元に及ばないが、Kis-My-Ft2の横尾渉も昨年、ジャニーズ初の資格をゲットしている。

「ペット介護士の資格を持っていた横尾ですが、昨年の夏、レギュラー番組『キスマイレージ』(テレビ朝日系、現『10万円でできるかな』)の企画で、マグロ解体師1級の試験に合格しています。当時、この資格は国内でたった7人しか取得しておらず、芸能人としては初でした」(前出・テレビ局関係者)

 ジャニーズJr.内ユニット・Snow Manの阿部亮平はインテリ資格の持ち主。上智大学の大学院を今春、卒業したジャニーズ初の大学院修了者だが、合格率4%と言われる気象予報士の資格を取得。在学中には、世界遺産検定にも合格している。

 取得した資格は今後どのように活かされるのだろうか。

(北村ともこ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング