りゅうちぇる、両肩に入れた「タトゥー批判」に驚きの反論!

アサジョ / 2018年8月24日 7時15分

写真

 タレントのりゅうちぇるが8月21日、自身のインスタグラムアカウントを更新し、日本でのタトゥーに対する偏見を「僕は変えていきたい」と語っている。

 先月、妻でモデルのぺことの間に待望の第一子を授かったりゅうちぇるは、両肩に入れた妻と子供の名前をデザインしたタトゥーに関するファンからの「本物じゃないですよね?」との質問に対して「REAL TATOO!!」と回答。その後はツイッターやインスタグラムのコメント欄にタトゥーを入れたことへの批判やバッシングが寄せられる事態となっていた。

 これを受け、りゅうちぇるは21日に「まず、今まで応援してくれていた方が、冷たいコメントだけを残し、ぼくのことを一瞬で嫌いになるのが本当ならおどろきです」と書き出し、「こんなに偏見のある社会どうなんだろう。仕方ないよね。ではなく、僕は変えていきたい」「結婚して子供がいつかできたら、家族の名前を身体に刻もう。と結婚する前、3年前から決めてました。その3年でたくさん考えて、それなりの覚悟で入れました」と胸中を明かしている。

「タトゥーへの偏見と戦うことを誓ったりゅうちぇるの真剣な投稿にはファンからも『りゅうちぇるみたいなリベラルな考え方の人がもっと増えますように』『頑張れ!負けるな!』との声援が集まりましたが、今回の投稿の中でりゅうちぇるが明かした『僕のお父さんも、僕が生まれたとき背中に龍(ドラゴンの絵)を入れました。僕は一度も嫌な思いをしたことがないし、嬉しかったです』との告白には、一部ユーザーから『えっ、龍の入れ墨?』と驚きの反応が出ています。一般人の発想では、刺青やタトゥーはイコール“怖い人”とのイメージが根付いていますからね」(芸能ライター)

 かつては歌手の安室奈美恵もタトゥーを入れていたことで世間から様々なクレームを浴びたとされており、やはり日本人が抱くタトゥーへの負のイメージはまだまだしぶとく残っているのが現状だ。そんな文化を「変えていきたい」と意気込んだりゅうちぇるだが、果たしてその大きな障壁に立ち向かう事はできるだろうか? 今後の奮闘を見守りたい。

(木村慎吾)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング