中居正広の後輩イジリが不発!?キスマイファン歓喜も一般視聴者は「誰?」

アサジョ / 2018年8月24日 18時15分

写真

 中居正広がジャニーズ内で最も可愛がっていると噂の後輩をイジり倒した。8月22日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)では、中居に縁のある芸能人が覆面姿で登場する「覆面の窓」企画を放送。中居が保阪尚希やおばたのお兄さんの正体を次々と当ててみせるなか、本編の最後まで覆面を脱ぐことがなかったのが、Kis-My-Ft2(キスマイ)の千賀健永だった。

「中居はキスマイの派生ユニット『舞祭組』をプロデュースしており、なかでも千賀は一番のお気に入り。同番組のハワイ特番にも千賀を同行させていたほどです。今回も二人で相合傘をしていたエピソードなどが披露されましたが、中居はあえて千賀の正体を明かすことなく放置プレーを徹底。本編終了後にセットの裏でダメ出しするシーンまで放送したものの、スタジオ内で覆面を脱ぐことは許しませんでした。最終的には自分の楽屋でやっと覆面を脱いだ千賀でしたが、その愛情あふれる後輩イジりにキスマイファンは大喜びだったのです」(テレビ誌ライター)

 ファンからは「中居くんのおかげで爪痕残せた!」「見せ場を作ってくれた」と大絶賛された二人の絡み。しかし他の視聴者からはまったく違った反応が返って来たというのだ。テレビ誌ライターが続ける。

「今回の千賀イジりを微笑ましく感じるためには、二人の関係性を理解している必要があります。しかし千賀の一般的な知名度が低いこともあり、ジャニーズ内の人間関係を知らない視聴者からは『こんなの単なるパワハラ』『後輩イジメが不愉快』といった異論も続出。そして千賀が覆面を外した場面では『ってか誰!?』といった困惑の声も多数あがっていました。そもそも中居の冠番組はどれもジャニーズ色が薄く、今回の千賀イジりが外してしまうことは放送前にも予想できたはず。多くの視聴者を置き去りにしてでも千賀が所属する『舞祭組』をアピールしたかったのか、中居の真意が気になるところです」

 そんな世間の声を跳ね返すためにも、千賀には中居の知名度に追いつけ追い越せの奮闘が期待されていることだろう。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング