「ベッキー擁護」で宮迫博之が「バイキング」視聴主婦層を怒らせた!

アサジョ / 2016年1月20日 9時59分

写真

「週刊文春」が第2弾として人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音の妻による告白を掲載し、SMAP分裂騒動とともに燃え広がるベッキー不貞騒動。その火の粉は芸能界にも降りかかっている。1月15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、雨上がり決死隊の宮迫博之が「ベッキー擁護」を宣言し、大批判を浴びているのだ。

「宮迫は『(不貞を)前提で討論されるんですけど、ご本人たちは認めてないですから』『それは擁護するやろ。仲間内ですから。いい子だっていうのは知ってるんで』とコメントしたのです。直後にこれに反論した坂上忍の『被害者は奥さん』という真っ当な意見と対比する形で、ネット上では宮迫に対するバッシングの嵐が吹き荒れていますよ」(芸能ライター)

 放送終了後も、ツイッターには「宮迫にはガックリ」「嫌いになった」「いい子はこんなことしない」「ベッキーともども消えてほしい」など、宮迫に対する批判が続々と書き込まれている。この顛末に、「ただの炎上で済むのか」と危惧する意見もある。

「『バイキング』は春に向けて健康ネタを中心とした番組作りへシフトチェンジしていくと報じられており、それはもちろん、メインのターゲットが主婦層であるから。今回、宮迫は主婦に向けて“主婦の敵”である不貞の人物と報じられたベッキーを全面擁護したわけですから、スタッフは気が気じゃなかったのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 低視聴率に喘ぎながら、少しでも多くの人に観てもらいたいと努力するテレビマンの思いが、宮迫の軽はずみな発言ひとつで水泡に帰すことになるかもしれないのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング