ファンが憂慮するToshlの「芸人化」は“音楽活動のため”だった!

アサジョ / 2018年10月21日 18時15分

写真

 最近やたらとバラエティ番組への出演が多いX JAPANのToshl。そんな彼が日本を代表するお笑い界の巨匠と番組で共演、大感激する一幕があった。その番組とは10月21日に放送される「平成教育委員会2018秋大人も驚く! 小学生が学ぶ最新ニッポンSP」(フジテレビ系)。収録では、最近の入試に多い「あなたならどう考えますか?」と“自分力”を問うテストなどに挑戦。そこで、先生役を務めるビートたけしに初対面。「たけしさんに憧れてこの世界に入ったんです!」と感激の言葉を口にした後、「中学生からたけしさんのラジオ、漫才、歌も聴いて、とにかく憧れて。(中略)インテリジェンスと最高のお笑いと豊かな人間性と…才能あふれるアーティストたけしさん。心から尊敬しています」と熱い思いを語った。

「Toshlは、17日更新の自身のブログでもたけしとの共演が、とにかく嬉しかったらしく『たけし先生から“としくん”と呼んで頂いたこと 嬉しくて飛びあがりたい衝動を抑えるのが大変なくらい』『本当に天にも昇るほど幸せでした』など“感動”のオンパレードになっています」(エンタメ誌ライター)

 世界的なロックスターでもあるToshlの憧れの人がビートたけしとは意外だが、そんな彼にはファンの間で心配する声が上がっている。それは“芸人化”の進行だ。

「最近のToshlはバラエティ番組で“スイーツ男子”さながらにスイーツ愛を語り、『ガトーショコラだぁ~!!』とシャウト。『めちゃ×2イケてるッ!』の最終回スペシャルのコントコーナーでは、遺体役を演じ熱湯おしぼりを浴びせられ、さらにドッキリにも挑戦するなどやっていることは、もはや芸人並み。音楽活動よりも目立っています」(スポーツ紙記者)

 なぜToshlは、ここまでバラエティ番組にのめり込んでいるのか。

「7月5日配信の『NEWSポストセブン』の取材でToshlは『様々なジャンルの方と触れ合うことが刺激的で、日々勉強させていただいています。それらの経験すべてがこれからの自分の歌や音楽制作、ライブなどにも活かしていけると信じています』と語っていました」(前出・エンタメ誌ライター)

“芸人化”も、音楽活動のための“肥やし”というわけか。そう思うと、許せる気がする!?

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング