「女優業を視野に」尼神インター・誠子があの女芸人に挑戦状!?

アサジョ / 2018年10月31日 10時15分

写真

 嵐・相葉雅紀主演で放送されているドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)に、尼神インター・誠子が出演。ものの数分の出番だったにもかかわらず、その演技力を評価する声が上がっている。

「誠子が出演したのは10月26日に放送された第3話。相葉演じる高円寺達也が営む坂の上動物病院に深夜、具合が悪くなった飼い猫を連れて突然訪れ、『すいません!猫が具合悪くて、すいません!』と激しく扉をノック。たまたま寝泊まりしていた前院長・徳丸(イッセー尾形)に診察してもらうのですが、『留守中ドアがしまっちゃって、水が飲めなくなっちゃってて、ごめんねぇタマぁ~』と、半ベソで猫に語りかける迫真の演技を見せていました」(テレビ誌記者)

 この迫真の演技には視聴者からも「誠子が意外に演技上手かった」「誠子の演技が上手いのにビックリ!!」といったコメントが上がり、「最初気づかず普通に女優さんかと思った ちょっと痩せた?のか綺麗になってる」など、バラエティとは違う誠子の“女優顔”に驚きの声が寄せられた。

「このドラマは、相方・渚が芸者のまめ福役を演じていますが、渚のレギュラー出演が決まった時、誠子は『絶対私の方が(演技は)うまいと思います。自信あります。(中略)女優業を視野に入れてきたので私の方が絶対お芝居できます!スタッフさん、よろしくお願いします』と猛アピールしていたのです」(前出・テレビ誌記者)

 じつは誠子、今年の8月に日本テレビで放送された「24時間テレビ ドラマスペシャル『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』」で、すでに女優デビューを果たしている。

「本人はすっかり“女優モード”のようですね。9月2日のインスタには、メイクアップアーティスト・JunJunに美麗メイクを施された“それらしい”ショットをアップ。口をわずかに開けながら流し目を決める“艶ショット”を決めていました」(女性誌記者)

“女優”誠子のライバルとなるのは、やはりあの女芸人か?

「放送中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)では、イモトアヤコの熱演ぶりが評価されています。数年後、“ポスト泉ピン子”の座を射留めるのはイモトか、それとも誠子か。密かな楽しみです」(エンタメ誌ライター)

 まずは飽きられないように頑張ってほしい。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング