酒のせいでは済まされなかった?とろサ久保田&スーマラ武智の上沼恵美子批判

アサジョ / 2018年12月7日 7時15分

写真

 霜降り明星の最年少優勝で幕を閉じた「M-1グランプリ2018」だが、終了後の打ち上げでトンデモない場外乱闘が巻き起こっていた。スーパーマラドーナの武智がSNSで生配信を行い、とろサーモン久保田が審査員に対してこう痛烈批判をしたのだ。

「酔ってるのを理由にして言います。審査員の皆さん、もう自分の感情だけで審査するのやめてください。1点で人の人生変わるんで、理解してください。多分、お笑いマニアの方は誰のことを言っているのか分かると思いますけど、お前だよ! 分かるだろ? 右側のな! クソが!!!」

 そう言うと、久保田はテーブルを足でガンと蹴り上げた。さらに、「あんたが付けた点数とこっちが思った点数は一緒でありたいやん。これが格差生まれたら違うやん。それを『私は好き~』とか言い出したら…ちゃうやん!」と再び机を蹴り上げる。これに対し、武智は「右のオバハンやん」と、矛先が上沼恵美子であることを明確にさせた。

「確かに、今回の『M-1』放送中から、ネット上には上沼の偏向採点に対する批判が殺到していました。『ミキが好きだからって98点はないわ…』『同じ自虐ネタなのにギャロップとミキの点数が違いすぎる』など、かねてから上沼自身がファンであると公言しているミキの点数が高すぎることなどを問題視する声が続出していたのです」(芸能記者)

 そうした声を受けてか、上沼は12月3日放送のラジオ番組で、M─1審査員の“引退”を宣言。武智と久保田は翌日、自身のツイッターで上沼に対し謝罪するまでに至ったのだ。

「『M─1』は審査員側にもかなりの重圧がかかるとされ、中にはオファーを断る芸人もいると聞きます。そうした中、よくも悪くも毎回その発言が話題を呼んでいた上沼が審査員から抜けることは、『M─1』にとって痛い。直接ではありませんが、結果的に加担することになった武智と久保田には、徐々に批判の声が上がり始めています」(前出・芸能記者)

 酒が入っていたとはいえ、マズイ相手に触れてしまったようだ。

アサジョ

トピックスRSS

ランキング