新妻・ベッキーが投稿した“意味深な目玉焼き”に飛び交う憶測

アサジョ / 2019年2月18日 18時15分

写真

 プロ野球・読売巨人軍の片岡治大コーチとの結婚を発表したベッキーが、意味深な目玉焼きの写真をインスタグラムに投稿し、世間の注目を集めている。

 2月15日に投稿されたその写真は、卵を2つ使った目玉焼きのショット。なんでもアーティストのとんだ林蘭が描いたイラストのような写真が撮れたので公開したのだという。

「ベッキーにしてみれば深い意味はなかったのかもしれません。ですが、結婚を発表した次の投稿がこれですから、深読みをする人が続出。卵が2つなので夫との朝食を自慢げにアップしたのではないかと言われています」(芸能ライター)

 いきなりのラブラブ匂わせ投稿にブーイングが上がっているというわけだ。さらに、もしこの写真が夫婦の朝食でベッキーが作ったものだとすれば、夫婦生活を心配する声まで上がっている。

「目玉焼きの作りが雑なんです。黄身が中央ではなく端に寄っている上、一部が焦げている。白身が崩れているのは、焦げたことでフライパンからうまく剥がせず、盛り付けがうまくいかなかったからでしょう。ベッキーの料理の腕前が心配になりますね」(女性週刊誌記者)

 通常、インスタやブログにはよくできた料理の美しい写真をのせるもの。ということはベッキーにとってこの目玉焼きは上手にできたほうだという見方ができる。このレベルでよくできたと思っているようでは、先が思いやられるという声も少なくないのだ。不貞騒動で困難な状況に陥ったベッキー。ファンの願いは彼女が幸せな結婚生活を送ってくれることにほかならない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング