坂上忍、堀ちえみに対する発言で改めて問われる「司会者としての品格」

アサジョ / 2019年2月22日 18時14分

写真

 お昼の情報バラエティ番組「バイキング」(フジテレビ系)でMCを務める坂上忍が自身の不謹慎発言により猛バッシングを受けている。

 2月20日放送の同番組では、堀ちえみの舌がんを特集。堀のブログとともに専門医からの病気に対する見解や予想される闘病の困難さなどが紹介された。坂上は堀と同い年であることを明かしつつ「これ、克服して戻ってきたらすごいよ」とコメント。たちまちネットユーザーから吊るし上げられたのだ。

「堀自身が前向きにがんと闘うことを表明しているにもかかわらず、番組では堀のプロフィールおよび、がん告白のブログ内容を紹介した直後に口腔・咽頭がんの死亡者数を紹介。これに視聴者が疑問を感じていたところに、坂上の発言があったため、ネット上では『堀ちえみが“絶対負けない”って言ってるのに、坂上のコメントは失礼にもほどがある』『坂上もフジテレビもデリカシーがなさすぎ!』『MCなら適切な言葉で励ますべき』『どうしてこんなことを平気で言う人が司会者なの?』などと大炎上。坂上はこれまでにも番組で進行を務めている榎並大二郎アナに対する目に余るパワハラ発言や、自分と意見が合わなかったお笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおに対する明らかな圧をかけた発言など、司会者としての品格を疑われるような場面が何度かありました。4月で放送開始から丸5年となる『バイキング』ですが、“坂上MC”を今一度考えるべき時かもしれません」(女性誌記者)

 歯に衣着せぬ物言いで人気の坂上だが、人の心情を慮るコメントは不得手のようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング