1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

小林麻耶の「しくじり先生」出演に「順風満帆」「しくじってない」と違和感の声!

アサジョ / 2016年2月20日 9時58分

写真

 2月16日、バラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の2月22日放送回で、フリーアナウンサーの小林麻耶の出演が報じられた。「八方美人で嫌われちゃった先生」として、「誰にでもいい顔をして敵だらけにならないための授業」を行うという。

 学生時代からバラエティ番組に出演し、卒業後はTBSのアナウンサーとして人気に。09年の退社後も「嫌われている」と言いながらほかの女性フリーアナウンサーと比べて順風満帆な芸能活動を歩んでいる小林。過去を反省し、生まれ変わる人材を「先生」として招聘して語らせる番組のゲストとしては、いささか違和感を覚える視聴者も多いようだ。

「八方美人ゆえの嫌われキャラだから生き残っているんですけどね。いったい何を反省するというのでしょうか。ネット上にも『勝ち組だろ』『しくじってない』『出演早すぎる』など疑問の声のほか、番組の『ネタ切れ感』を指摘する意見もあります」(芸能ライター)

 番組の存続に影響しかねない“ネタ切れ”とは穏やかでないが、ここにきて続々と“先生候補生”が現れている。

「恋愛騒動の狩野英孝は、すぐにでもしゃべらせたい逸材。加藤紗里も出てきそうですが、しくじりを反省するという趣旨を理解できるかどうか。ベッキーも開き直ってすべてを語るようになれば優秀な先生ですが、しばらく時間はかかるでしょう。清原は‥‥大しくじりですが薬物と黒い交際では“先生”としては呼べませんね」(女性誌記者)

 当人たちが腹さえ括れば、仕事は引く手あまたのようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング