リアーナ、マイケル・ジャクソンのチャート記録を塗り替えて3位に浮上!

アサジョ / 2016年2月24日 17時59分

写真

 リアーナが故マイケル・ジャクソンをしのいで全米チャート1位獲得曲数記録で3位となった。リアーナは最新シングル「ワーク」がビルボード・ホット100のトップを飾った14曲目となったことで、マイケルの保持していた13曲という記録を破った。

 ビートルズが20曲で史上最高記録を保持しており、マライア・キャリーが18曲で2位につけている。

 そんなリアーナは24日に予定されているブリット・アワードでのパフォーマンスのためロンドン入りしたところだ。昨年の同式典への出演をキャンセルした過去があるリアーナは先日、グラミー賞への出演と「アンチ・ワールドツアー」の一部日程を中止していたところであったため、今年の出演も疑問視されていた。しかし、式典の司会を務めるアント&デックのアントはザ・サン紙に「リアーナの飛行機が着陸したから、パフォーマンスをしてくれることを僕たちはほぼ確実視しているよ。去年は飛行機にさえ乗らなかったからね。今年は少なくともイギリスにいるってことさ」と話していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング