バンドなのに音楽活動できない!TOKIO長瀬智也の不満が爆発寸前?

アサジョ / 2019年5月23日 10時30分

写真

 TOKIOのメンバーでギター&ボーカルの長瀬智也が、大きな不満を抱えているようだと、5月23日発売の「週刊文春」が伝えている。

 それによると、長瀬は不満爆発寸前だという。その大きな理由は、バンド形態のグループでありながら、山口達也が事務所との契約を解除されたことで、バンド活動ができなくなったことにあるようだ。

「TOKIOのメンバーは、個々の活動も行っていますが、バンドマンとして野外音楽フェスの『サマーソニック』や『JOIN A Live』に出演。全国ツアーも毎年のように行い、ミュージシャンを基盤としていました。ところが、ベース担当の山口が抜け、別のメンバーを用意してその穴を埋める気はないのだとか。つまり、今後、バンド活動はしないと宣言したも同然なんです。音楽活動に力を入れていた長瀬にとっては、飼い殺しのような状態と言えるでしょう」(音楽関係者)

 TOKIOのメンバーである限り、ジャニーズ内部で新たにバンドの結成は難しいことから“長瀬はジャニーズ退所も視野に入れている”と報じる媒体もあった。

 グループとしては「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)と「TOKIOカケル」(フジテレビ系)のレギュラー番組はあるが、毎回メンバー全員がそろうのは「カケル」だけだ。

「長瀬としては、音楽活動をしないTOKIOなら、グループでいる意味がないと考えているようです。けれども、大恩あるジャニーさんのもとを離れるのも申し訳ないという思いもあり、複雑なようです」(前出・音楽関係者)

 デビューから25年の節目の年に、音楽活動ができないTOKIO。山口の犯した罪の代償は、あまりにも大きすぎた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング