バブリーダンスの伊原六花が「なつぞら」で掴みたい“密かな展望”とは!?

アサジョ / 2019年6月5日 7時15分

写真

 6月3日、NHKの朝の連続テレビ小説「なつぞら」に、バブリーダンスが話題を呼んだ大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンとして活躍した女優・伊原六花が、広瀬すず演じるヒロイン・なつの職場の先輩として登場。

「漫画映画の世界に憧れ、ついに念願の東洋動画に入社したなつ(広瀬)。セル画に色を塗る仕上課に配属されたなつは、彩色担当の森田桃代(通称モモッチ)役の伊原の隣の席で事あるごとに桃代を質問攻め。嫌な顔一つせず、丁寧に答えてくれる桃代にネットでは『伊原六花ちゃんほんと可愛い大好き』『レトロな顔立ちが良いよね』『演技もすごく自然でいい感じです』といった称賛するコメントが殺到しています」(テレビ誌ライター)

 伊原は、2017年夏に「日本高校ダンス部選手権」で披露した自身がセンターを務めるバブリーダンスで注目を集め、高校在学中に広瀬アリス・すず姉妹も所属する事務所からスカウトされると、昨年7月期のドラマ「チア☆ダン」(TBS系)で女優デビュー。今年6月には去年に引き続き2nd写真集「sauhoa」を発売。さらに今年、ドラマ「明治東京恋伽」(tvk他)で連続ドラマ&映画初主演するなど、勢いが止まらない。

「伊原はヒロインの広瀬すずと同じ事務所。北海道編ではこちらも同事務所の女優・北乃きいが、十勝の森に住みながら狩りや漁をして父との暮らしを支える娘・砂良を好演。なつの兄・照男(清原翔)との恋の行方が気になるなど話題を呼んでいるだけに、伊原も負けられませんね」(前出・テレビ誌ライター)

 伊原の登場回を観た視聴者の反応はかなり好評。東京編が本格的にスタートして、視聴率が20%を切る放送回もあったが、今後広瀬と伊原、渡辺麻友、そして貫地谷しほりをはじめとする女性アニメーター達の活躍で、東京編も北海道編に負けない視聴率を獲る可能性も充分にある。そんな中、伊原の可能性について期待をかけるこんな声もある。

「女優・高畑充希は『ごちそうさん』でヒロインの妹役を演じた後に『とと姉ちゃん』でヒロインに決定。そして今や国民的な女優と言われる有村架純も『あまちゃん』に出演した後に、『ひよっこ』のヒロインを射止めました。そういった意味で、もし伊原演じるモモッチがヒロイン・なつの人生に大きく関わり話題を呼ぶ様なら、今後ヒロインの座を射止める可能性も充分にあるのでは」(制作会社プロデューサー)

 6月2日に二十歳になったばかり伊原。「なつぞら」での今後の活躍が気になるところだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング