木村拓哉に「愛の囁きを迫った」大物アーティストがいた!?

アサジョ / 2019年6月4日 18時15分

写真

 滝沢秀明が運営側に回ったことも幸いして、ジャニーズタレントの規制緩和が進んでいる。かつては、ウェブへの写真掲載が全面禁止だったが、今は条件付きで解禁。同じく禁止だった動画配信も、今ではジャニーズJr.たちが公式のオリジナルチャンネルを開設するようになった。

 ところが、まだがんじがらめだった95年、SMAPの木村拓哉が事務所の垣根を飛び越えて、ある大物アーティストの楽曲に歌唱参加している。

「竹内まりやが95年11月にリリースした25枚目のシングル『今夜はHearty Party』に、木村が顔出しならぬ“声出し”しているんです。この曲は、作詞・作曲を竹内、編曲を夫の山下達郎が手がけていますが、歌詞に『今度こそ本当の素敵な恋つかまえよう キムタクさえもかすむような男』というフレーズがあります。そこで、本人のセリフが入ればおもしろいだろうと、ダメ元でジャニーズにオファーすると快諾されたそうです」(芸能ライター)

 レコーディング当日の行動も、実にキムタクらしい。木村はその日、マネージャーを付けずに、1人で自家用車に乗ってレコーディングスタジオに登場。同曲冒頭の「ねぇ、パーティへおいでよ」をウィスパーボイスで吹きこんだ。当時22歳。その後のコーラス部分は、大御所夫婦にはさまれて、1本のマイクで録ったという。

「レコーディングラストで木村は、山下から『あともうひとつ頼みたいんだけど…。“愛してるよ”って言ってもらえるかな?』と予定になかった依頼をされたそうです。『愛してるよ、ですか!?』と驚いたそうですが、これを快諾。再びささやきを収録したとか。曲のイメージを損なうことなく、後半で小さく入っている“キムタク愛”。今となっては超貴重な合作です」(前出・芸能ライター)

 Partyがモチーフになっている同曲は、発売された同年から3回にわたって「ケンタッキーフライドチキン」のクリスマスキャンペーンPRソングに起用されている。

 山下夫婦は80年代から今なお、音楽シーンのド真ん中にいる。そして木村も、SMAPなき今も、タレントとして色あせない。そんなトリプルタッグが聴ける「今夜はHearty Party」。令和元年のクリスマスにも花を添えそうだ。

(北村ともこ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング