木村拓哉「BG」続編決定も“両刃の剣”になりかねない不安要素が!?

アサジョ / 2019年6月23日 10時15分

写真

 昨年、木村拓哉主演で放送された連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の続編が来年4月期に放送されることが、6月19日「週刊女性PRIME」などの配信で明らかになった。

「このドラマは、武器を持たずに民間人の立場でクライアントの安全を守るボディーガードたちの戦いの日々を描いた作品。主役を演じる木村を始め、上川隆也、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗に加えて最終回から去年『今日から俺は!!』(日本テレビ系)でブレイクした伊藤健太郎も登場。視聴率も尻上がりで、全話の平均視聴率は15.2%と高視聴率をマーク。終わった当初から続編を望む声が数多く寄せられていました」(テレビ誌記者)

 テレビ朝日で続編といえば、「相棒」を始めジャニーズ事務所の先輩でもある東山紀之主演の「刑事7人」や井ノ原快彦主演の「特捜9」のようなシリーズ化が図られるのではないかと見る向きもある。

「もしキムタクの連ドラが年間ローテーションに入ったら、“打倒!日本テレビ”に燃えるテレビ朝日にとっては、追い風になること間違いなし。しかも前シリーズでは、元妻の役で月9ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)で共演、驚異的な視聴率を叩き出した山口智子も出演。このところ、NHK朝ドラ『なつぞら』、そして7月期の月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)など話題作に立て続けに出ている山口が前回より大きくフィーチャーされれば、『ドクターX』に並ぶヒットシリーズになる可能性も充分です」(夕刊紙デスク)

 そんな中、囁かれているのが、木村のソロ歌手デビューだという。

「『週刊女性PRIME』によると、『BG~身辺警護人~』の中で使用される楽曲でキムタクをソロデビューさせる計画があることが明かされています。4月期のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)にW主演しているKAT-TUNの亀梨和也もソロデビューを飾っており、ジャニーズ事務所としても満を持してキムタクのソロデビューを後押しするのではないでしょうか」(女性誌記者)

 しかし、その動きを危惧するのが長年SMAPを見てきた前出の夕刊紙デスクである。

「SMAPファンの多くは、SMAPの再結成を望んでおり、今の状態でキムタクがソロデビューするようなことになれば、再結成の夢も潰えて、解散直後のように“裏切り者”扱いされかねません。バッシングの声が高まれば、『BG~身辺警護人~』のシリーズ化どころでなくなる恐れもあります」

 両刃の剣となりかねないキムタクのソロ歌手デビュー。果たしてどうなるのか、ファンならずとも成り行きが気になるところだ。

(窪田史朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング