アンゴラ村長が「ハンマーで叩き割った思い出」に寄せられた好反応とは?

アサジョ / 2019年7月7日 10時14分

写真

 男女お笑いコンビ「にゃんこスター」のアンゴラ村長が、中学生の時から宝物入れにしまっていた大事な思い出を「ハンマーで叩き割ります」と宣言したという。

 そのアンゴラ村長は7月1日に更新したツイッターに、女優・杏のものまね画像を投稿。7月10日にスタートする杏主演ドラマのポスタービジュアルにて、杏が左手の薬指に結婚指輪をはめている姿を真似たものだ。前髪は杏と同様にきっちりと分けており、縦ストライプのブラウスは杏が着る白いVネックのブラウスとはかなり異なるものの、おそらくは自分のワードローブから少しでも形の似ている衣装を引っ張り出してきたのだろう。そのツイートについて芸能ライターが指摘する。

「アンゴラ村長は生涯で一度だけ《杏さんに似てる》と言われたことがあるそうで、それを《心の中の宝物入れに大切に仕舞っていた》のだそうです。そこで杏の新作ドラマに合わせて《僭越ながらマネして》みたものの、本人曰く《全く似てませんでした…ただのアンゴラがそこにはいました》とのこと。そのため大事な思い出の宝物入れを《ハンマーで叩き割ります》とツイートした模様です」

 そんなアンゴラ村長の物まねは正直なところ、OLが飲み会で「杏さん、やりまーす♪」といってものまねする一発芸のレベル。自分から杏に寄せたと言わない限り、誰のマネをしているのかも判然としないレベルだ。これでは思い出を粉々にしたいアンゴラ村長の気持ちも致し方ないが、そんな彼女にファンからは温かい声が寄せられているという。

「さすがに杏に似ているとの声は少数派ですが、多くのファンが《可愛い!》《アンゴラちゃんのほうが好き》と、その可愛らしさを称賛。なかには《田舎の杏》《加護(亜依)ちゃんに似ている》と微妙な評価もありますが、みんなアンゴラ村長のことが好きなんだなあと実感させられましたね」(前出・芸能ライター)

 なお二人は鼻筋の通っているところが似ているほか、ファンからは口元が似ているとの指摘もある。どうやら顔面の下半身だけなら「杏似」を標榜しても大丈夫なのかもしれない。

(白根麻子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング